愛ダケじゃ、育たない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切に育てられた証

息子と電車に乗ると、いつも決まって車両は一番前。
運転席後方のガラス窓に張り付いて、一心不乱に進行方向を見ている。

いつもと同じ線路、いつもと同じ風景。
唯一違ったのは。
混み合った車内で、彼が私達のすぐ後ろに立っていたこと。

つづきを表示

スポンサーサイト

発達障害児の会話の珍妙さ

空気を読むだとか、場を察する。
それは、難しい事だと思うけれど。
 
言葉そのものの発達さえ、なんとかなれば。
いわゆる、ボケと突っ込みで乗り切れるような気もする・・・。

つづきを表示

ごめんなさいの作用と反作用

「ごめんなさい」 と 「ありがとう」の使い方。
大人でも微妙に間違ってると感じるけれど。
 
幼児の今の「ごめんなさい」を成長別に考える。

つづきを表示

RDI対人関係指導法の効果をあげるには

以前、RDI対人関係発達指導法を、少し学んだ時期がある。
専門の機関でなく、園からの紹介といった形での日本の大学内で。
 
そこで教わった事、自身が痛感した事、多くあるけれど、現実には。
確かに、理論上は可能だと思う、けど実践した感想として。

つづきを表示

児童ディサービスの内容が実は大事

児童ディサービスといっても、内容は様々で。
私の地域では、突出した専門性のある機関は二つ。
 
また、以外の民間の事業としてのサービスは、幾つかはある、が。
この中から、「息子に合う」基準を見極め、選択するのは難しい。

つづきを表示

お母さんの匂い

夕食は、焼肉。
 
お出掛けした時は、自宅じゃ出来ない体験と味が一番。
外食して、「オーダーしたモノを、座って待つ」 のも、ヒトツの学び。

つづきを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。