愛ダケじゃ、育たない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自発会話と要求

自発的会話とは、文字の通り「自らからの会話」である。
だけど会話と言っても、ホントそれぞれ。
 
「言葉がある」息子だが、果たして、それで会話が成立しているのか、どうか。
感情の伝達・要求・指示・疑問・・・etc
「言葉」は多ければ、多い方が良いと思っていたけれど・・・。

つづきを表示

スポンサーサイト

周囲が見えない、空気が読めない実例

特性とされる社会性欠如の表れ”KY”な場面。
空気が読めない、場面にそぐわない事に気付かない。
 
周囲が何をしてるのか、気にしない。
それは、幼稚園でのこんな場面でも・・・。

つづきを表示

プロポーズ

親は皆。
 
視線すら合わせてもらえず、話さえした事がなくても。
こちらの想いになど全くお構いなしで、傍若無人に振る舞い、
都合の良い時にしか、受け容れてもらえなくても。
 
我が子に”永遠の片思い”をするのだそうだ。

つづきを表示

療育の実践と効果

専門機関の療育を受け始めて、一ヶ月。
劇的な変化というほどではないが、感じられる効果。
 
また、実践を家庭でも求められる「親の研修会」にも参加しており
こちらは、確実に効果が出始めている。
 

つづきを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。