愛ダケじゃ、育たない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テストで見えない側面・ブレイクスルー思考のススメ

発達関係のテストで、数値化されない息子の一面として、
最近、気になる事柄がある。
 
どうも、腑に落ちない・・・、私の対処方法も確定しておらず、迷っている。

長文(5~6語の組み合わせ
例: 「今日、○○君と息子ちゃんのお家で遊びたい」
   「約束してあげたらいいのに (してもらったらいい、○○君、どこかな?」 園庭を探す
と、語彙が減ってきているけれど、意思の疎通には困らない。
変わらず、人称の間違い、言い間違い、覚え間違いが多いけど、
とりあえず、何をして欲しいのか、何をしたいのか、は伝わる会話の中で。
 
「今日、お教室 (療育 行くよ~、ママお迎え行くから一緒に行こうね」 
 
「・・・もし、行っても、お教室無かったら?」
「ある」
「・・・もし、車がいっぱいで行けなかったら?」
「渋滞しても、必ず着くから大丈夫」
「・・・もし、先生が来たらあかんって言うたら?」 等など・・・。
 
思い付く限りの良くない仮定を並べ始める
特に、お教室(療育 がイヤなのではなく、行き先がスーパーでも、ばあばの家でも、
何処ソコに行く、だとか、先生(幼稚園の に言ってみよう!程度の 
「これから~」を事前に予測出来るよう、見通しがつくように話始めた時に、それは始まる
 
これは、想像なのか、創造なのだろうか? と迷いながら検索を続けていたが、
ある方のブログで、プチパニックの状態である、と書かれており、(その方のお子さんの場合
ああ、息子もそうなのかな、と思い当たる。
 
なんと言えばいいのか、息子は高機能である一定の理解力がある。
その場合、一定の理解力があっても不安感が強い場合
「否定をされる事で、安心を求めている」 のかもしれへん・・・、なあ、と。
 
世界が広がれば知識も広がり、発達も遅れながらも徐々に・・・といった場合、
仮定を想像する (不安だから悪い方へと のも当然として。
 
例えば大人でも、恋愛をしている時に、相手の気持ちを試すような行動を取る事がある。
私の事、嫌い? と、少しの不安をぶつけてみて、相手の反応が
「どうして?大好きだよ」 と、分かっているのに、聞いてみたい感情
目の前で鳴り続けている携帯をなかなか取らず、大好きな相手に心配して欲しくて、
気にして欲しくて、背を向けてワザと小声で「ウン・・・ウン・・・」なんて。
電話の向こうでは、自分の母親が「夕食どないすんねん?」なんて聞いてるダケなのに (笑
 
恋愛と発達障害なんて、まだまだ結びつかない年齢の4歳児だけど、
なんとなく、行動原理が似ている気がする。 (勘違い? 笑
 
息子の「もしも病」は (勝手に命名 良くない仮定に幾つか続けて返答した後。
「ねえ、息子ちゃん、何があってもママは息子ちゃんが一番大好き」 や、
「本当に先生が、もし、来たらあかん、って言うたら、ママと一緒にお茶シバこ、
 息子ちゃん、何が食べたい? ママはドーナッツ!」 等の言葉でピタリと止まる。
 
「大丈夫だから」 「そんな事ないよ」 「先生、そんな意地悪言わへん」 等の
否定の言葉では、治まらなかった、もしも病。
最初は、大丈夫って言う、言葉の意味が分からへんのかな? と思っていたし、
目の前に見えない事だから、不安感が拭いきれへんのやろな、と思ってた。
だけど本当に、息子が欲していた言葉は、私が恋愛してた頃、求めた言葉と同じ。
 
「オマエがイチバン好きや」 と、「何があっても、ずっと一緒や」 の一言やった。
 
これは息子の根底にある、不安感の原因特定や、完全な安定を約束する方法じゃない。
だけど、息子が「もし・・・」「もしも・・・」 なんて、不安定な想像(妄想? による、 
延々と答えのない問いを、恐怖や不安だけを感じながら続けるよりは、マシだ。
 
もう少し、分かる(理解力が上がる 年齢になるとプラス思考に変換させるような
言葉掛けや視覚支援も入れられるのだろうけれど、今は私が。
プラス思考、マイナス思考、そのどちらにも拘らず、ブレイクスルーで進む事が必要だ。
ブレイクスルー思考 (気になる方は検索して下さいね
要するに読んでそのまま、壁にぶつかっても突破すんねんけどね?(笑
 
でも突破する時は、息子を背負ってる事を忘れずに。
「息子ちゃん、ママが居てるから心配せんとき!」の言葉も絶対忘れずに。
壁の登り方も、発破の仕方も、迂回の仕方も、いずれ教える日が来る。
それまでは、ママの方法で (療育といった見地からは間違ってるのかもしれないが 
本当に、ホントウに何かあったなら、一緒に、お茶シバこ!
 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして。

こんにちわ。紅音と申します。
何度かお邪魔させてもらってます。v-290

うちの子は、ごくごく本当に軽度の発達障害と、
いわれてます。
もしも病。とっても勉強になりました。
プチパニックも、うちの子の場合
チックに繋がってるのかな・・って気がしました。

又、お邪魔させて頂きます。





紅音 | URL | 2009年05月21日(Thu)10:31 [EDIT]


はじめまして…。

はじめまして…。私は非言語学習障害合併のアスペルガー症候群の鈴蘭といいます。よろしくお願いします。私は三人の自閉症ちゃんのママです。遺伝性です。とても素敵なブログだと思います。私は当事者として、親として当事者活動をしています。来月からはブログを始めます。最近のブログを読ませてもらいました。電車でのお話し…当事者として、親として…胸がいっぱいになりました。また…おじゃまします。

鈴蘭 | URL | 2009年05月23日(Sat)16:16 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009年05月25日(Mon)16:42 [EDIT]


紅音さん

初めまして。
ご訪問とコメントをありがとうございます。
 
そうですね、チックと「もしも病」は何か似た形の「サイン」なのかもしれません。
心を言葉で伝えられないもどかしさが、子供の「出やすい場所」に出ているのかも・・・。
 
そう思うと、「もしも病」も「チック」も、愛しいな、と思います(親バカです 笑
 
ぜひ、また来てくださいね!
待ってます。

ママ | URL | 2009年05月25日(Mon)22:11 [EDIT]


鈴蘭さん

初めまして。
ご訪問とコメントをありがとうございます。
 
当事者活動をされているのですね。
私も最近、幼稚園の同じクラスのママさんで、多分、当事者さんだな~と思う方と交流が出来ました。
(ご本人は全く自覚なしの方です。
お付き合いの仕方を学びたいと思っています。
 
来月からブログを始められるとか・・・。
開設なさった時には、ぜひURLをお知らせ下さい。
そして、色々と勉強させて下さいね。
 
こちらこそ、よろしくお願いします。

ママ | URL | 2009年05月25日(Mon)22:15 [EDIT]


管理人だけ閲覧さん

初めまして。
ご訪問とコメントをありがとうございます。
 
毎日、頑張っておられるのですね。
本当に、しんどいですよね・・・。
 
いいアドバイスを、とありましたが、私は素人で、お話を覗っただけで判断出来る知識もなく、経験もありません。  
 
ですが、セラピー(療育? を受け始められた、とか。
それでしたら、お子様を実際に「知って」おられる専門の方に相談されるのが一番良い方法だと思いますよ。
来年の幼稚園の事も、地域性もありますし、受けられるセラピーの内容によっても、園の選択は変わりますし。
 
でも愚痴で良かったら、聞きますよ!
迷う事、不安に思う事、たくさんあるやろし。(私も!
なかなかリアルで相談出来る相手が居ない話って、結構、キツいですもんね~(これも私も! 笑
 
長々と・・・でもいいですよ~。
また寄って下さいね、待ってます! 

ママ | URL | 2009年05月25日(Mon)22:24 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。