愛ダケじゃ、育たない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時系列の認知と日付

「明日、○○しよう」の約束は。
明日が”必ず来ると知って”待てる。
 
ヒトツ寝たら、フタツ寝たら、等と長い流れを経て実体験で教える事も多いが、
息子は、なかなかコレが覚えられず、時系列(○曜日の次は○曜日 
等という時間の流れの把握(時間は流れている も難しい。
なかなか”体験”としてのインプットに成り難いのだろう。
 

昨年のクリスマスに、
アドベントカレンダー(日付のある箇所を開けると小さいオモチャがヒトツずつ出てくる
なる物を見つけて、昨日、今日、明日、の意識付けを試みていた。 
昨年は、「一日にヒトツ」の約束を教えるのを優先し、
日付の数字の箇所をとにかく、(息子が日付を理解しているとは思えなかったが
「一日、一箇所」と決め開けさせていた。
 
今日は「8日だから、8の書いてある所やで」と促せば、自分で毎朝ヒトツずつ開けて、
(その間、付きっ切りで 「今日は、このオモチャだった!」」と、とても喜び、
小さなオモチャも大切そうに菓子の空きカンへ、自分でお片付けをしていた。
昨日今日、明日の繋がりが少しずつ理解出来ていた様子で、今年も現在進行形で。
 
今年は自分で「一日、一個=今日」と理解し、他の箇所を開けない我慢と、
一日目、二日目の意識付けを試みた
結果、大成功を納め、今年は。
「えーっと、昨日が○日だったから、今日は・・・、4・5・6!」等と、
変わらず時間は掛かるものの、「今日」を選んで開けている。
そして、やっと。
やっとの事で、「明日」を理解した様子。
 
「こうえん、たのしかったねー、またいこうねー」(定型文な口調で 笑
「そやね、ほんなら明日もママと一緒に公園に行こか
「・・・?いっしょ? やった!」
てな流れの「明日の約束」には全く反応ナシの会話にも、
「あした、雨ふったら、どーする?」等といった会話の展開がみえてきた。
 
今まで約束事の時には、必ず日付や時間を意識して使ってきたが、
(例 「時計の長い針が12の所、短い針が4になったら4時やから、お買い物行くで」
   カレンダーを指差ししながら、
   「今日は15日、18日になったらばあばのお家にお泊り行こうね」
   「何回、寝たらいけるかなあ?」
   「・・・、えと、えーっと、1・2・3・4・・・、四つ!」
   「ちゃうちゃう、今日は15日、18は行く日やで、ばあばのお家でお泊り」
   「あーあーあー、1・2・3・・・三つ?」
   「そう、三つやなあ、明日、明後日、明々後日!」
   「あした、あさって、あさって!」
   「そやそや、しあさって、なー?」
   「はい!」
等と、一日の流れ=時間経過・日付の流れ=月の意識を事あるゴトにイベントを作り、
追ってきたが、カレンダーを使用するようになって、
空き缶の中のオモチャを眺めて取り出しては、
「昨日はこのオモチャやった、かーわーいーぃ」
「あした、あしたは、今日が7やから・・・、8!」等と確実に「昨日、今日、明日」
の繋がりが理解出来、
「サンタさんは24だから、いっぱい遠いなー」とも自ら口にだす。
 
それでもまだまだ「月」の流れ=認知が難しく、療育のカリキュラムの中で
カレンダーの該当月・日に○が記してある物を前にして、「今日は何月何日ですか?」
との問いには「えーっと、えとえと、○日、水曜日!」等と、日付と曜日のみの回答になる。
 
サンタさん=24日の認知は、繰り返し何度も絵本で、DVDで意識付けをし、
一緒にサンタさんに手紙に書き、一緒にポストに落とし、オモチャ屋の雰囲気を楽しみ、
初めて、「サンタさんって、クリスマスって楽しい日」の認知をさせた。
子供が楽しめるイベント月は認知方法も容易いが、普段の月は、やはり難しい、が。
 
イベントに合わせてまさに指折り数えて待つ気持ちを育てれば、時間の経過=待つ心 も
育つだろうし、それに合わせて我慢や、約束といった「育てやすい要素」が育つ。
 
息子が今、サンタさんに尋ねたい事は。
「どうして、プレゼントを夜に配るのか」だそうだ。
「プレゼント配りはお仕事なのに、どうして昼間しないのか、見つかっちゃうからか、
だけど、昼間だって、見つからないように配れると思うんだけどなー」と、
サンタさんの就労体系に疑問があるらしい。
 
どうやら息子は、サンタさんの存在を信じている。
そして私もまた同じように。
目に見えない、姿形のない「何か」を大切に、慈しみ、。
息子の「見えない可能性」や「言えない気持ち」を信じている。
 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ応援ありがとうございます。
          サンタクロースを信じる気持ちは、可能性を信じる気持ち。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは!うちの長男も時系列まるでダメダメでした。
やっと最近日付を認識して確認できるようになったばかりですよ。
それでも「今日はえっと12にちの15がつ」とか言いますです。「月日が逆やん!」とツッコミ入れる状態ですけど(笑)。
息子君は早いなぁ~。

うちは数字が読めるようになり、正しく数えられるようになってから嬉しくて時系列が理解できるようになったケースです。
まだ1年以上の前のことを「おととい」と表現したりするけど(笑)、何日だった、何曜日だったというのは正確になってきました。
いやー、自閉っ子は「えええ、どうして?」な遠回りな(私からみれば)思考回路を通って納得するので、面白いです。「君はそっちの角度からならすんなり理解できるねんなぁ」って。
最近はこっちがうっかりしてると「ママ、もう●時だよ、はなちゃん(妹)をお迎えに行かなきゃ」と教えてくれたりして、ボケ気味な母にはありがたい存在になってきましたです。

なかさん☆ | URL | 2009年12月16日(Wed)14:10 [EDIT]


なるほど

娘は今日より前はすべて昨日で明日より先はすべて明日。○月○日どこそこに行こうなどは四季のみ伝えて
寸前にはカウントダウンをカレンダーを使いしてます。
まだ3歳ということもあり、また数字がわかってないから
時計等は紙の時計で目的時間をセットし動く時計の下に
置き照らし合わせる方法をとってます。

クリスマスの話しいいですね。
先日療育教室でクリスマス会があり先生がサンタの格好
で現れ質問ある人と聞くと珍しく手をあげ返事!
でも聞いたのは(言ったのは)「プリキュアのマイクください」でした(笑)質問の意味を誤学習してるというより娘は言葉の意味を分からず沢山吸収していると先生に言われた意味が最近ようやくわかってきました。
ちゃんと言葉の意味を理解し使える日がいつなのか??
まだまだ先は長そうです。
サンタには偽者もいてるんだと言う娘。どこまで信じているのかは不明ですがクリスマスプレゼントを手にしたときの反応が楽しみです。

いろどりママ | URL | 2009年12月17日(Thu)10:21 [EDIT]


なかさん☆

こんにちは!

> それでも「今日はえっと12にちの15がつ」とか言いますです。「月日が逆やん!」とツッコミ入れる状態ですけど(笑)。
 
似たようなモンです(笑
「12日の15日! あ!○曜日やった!」ですもん(苦笑
ですが、確実に「昨日と今日と明日」は認識出来ました。
 
覚え方には、それぞれ特有の物があるのでしょうね~。
で、私がそれを理解しにくいので、「??なんでやねん?」と。 
そこで、教えて?教えて?と息子に食い下がってます。(苦笑
 
> 最近はこっちがうっかりしてると「ママ、もう●時だよ、はなちゃん(妹)をお迎えに行かなきゃ」と教えてくれたりして、ボケ気味な母にはありがたい存在になってきましたです。
 
そうですね、時間が読める(認識だけでなく 後、何分とか 様になると
かなりこちらへのアクションも増えるだろうな、と思ってます。
が。
時計をすっかり忘れている時も多く。
分かっていても、切り替え出来ない場面も、ホンットーに多く。
あちらを立てればコチラが立たずな場面も多いです。(苦笑

ママ | URL | 2009年12月18日(Fri)11:08 [EDIT]


いろどりママさん

こんにちは!
 
> まだ3歳ということもあり、また数字がわかってないから
> 時計等は紙の時計で目的時間をセットし動く時計の下に
> 置き照らし合わせる方法をとってます。
 
時間にしても、方法にしても色んな手段がありますよね!
時計は敢えて腕時計(自分で針を動かせる物 を使用して、
「この時間になったら、(針が9に来たら、とか お片付けしようね」
等と約束していましたが、変更がなかなか効き難く、一度決めたら・・・。
のタイプなので、腕にマジックで時計の針を書いて教えました。(3歳代
変更が入ると、針をグチャグチャに消して新しく書いてやる。
でも、いい加減息子も、腕がグチャグチャとやられるのがイヤになって、
5分が少し過ぎても、私との約束だけは覚えていて、「待てる」ように!
反面教師の役割をマジックにさせてみました(笑
 
>質問の意味を誤学習してるというより娘は言葉の意味を分からず沢山吸収していると先生に言われた意味が最近ようやくわかってきました。

まずは、やっぱり、言葉の意味ですよね~。
じゃないと場面ごとの使い分けって出来ませんし。
それ以前に、言葉の数ですよねえ~~、息子は語彙が下がってきてるので、
新しい言葉を駆使して(決して難しい言葉でなく 入れてます。
親の頭のシワが大変ですが。(汗
 
> サンタには偽者もいてるんだと言う娘。どこまで信じているのかは不明ですがクリスマスプレゼントを手にしたときの反応が楽しみです。
 
息子も同じです。
期待してる分、偽者だとも言いますね。
けれど、なぜ、偽者だと思う?や、本物は何が違うんやろ、等と会話の発展も
可能なようで、楽しいですよ。
会話が無理な様子なら絵を描かせます。
どこが違う?の間違い探しなどが好きなので、絵で違いを説明しようと、
結構、必死で書いてますよ~。
 
夜、寝る前に「サンタさんへのオヤツ」を用意して (クッキー一枚とミルクとか
配るのは大変だから、これで少し休憩してもらったいいねえ、と去年やって、
パパがクッキーを食べてミルクも飲みました。
息子はプレゼントより「あ!無くなってる!」と大喜びでした。
見て分かる方が、はっきり存在を感じるのかなあ、と思った時です。
素敵なクリスマスをお過ごし下さいね~~!

ママ | URL | 2009年12月18日(Fri)11:20 [EDIT]


すごいステキな質問ですね!
そうですよね、昼間にするのがお仕事って思いますもんね。そんな発想、大切にしたいですね♪

カン | URL | 2009年12月19日(Sat)05:35 [EDIT]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2009年12月30日(Wed)22:37 [EDIT]


yockyさん

> 「心の中にひとたびサンタクロースを住まわせた子は
> 心の中にサンタクロースを収容する空間を作り
> 上げている。
> サンタクロースその人は、いつかその子の心の
> 外に出ていってしまうだろう。だが、サンタクロース
> が占めていた空間は、その子の心に残る。
> この空間があるかぎり、人は成長にしたがって、
> サンタクロースに代わる新しい住人を、ここに迎え入れ
> ることができる。」
>
> なのだそうですよ(^^)
>
> 息子は過去の事はみんな
> 「さっき」になってしまいます
> 時を教えるって難しいな~・・
>
とても素敵な話ですね。
「信じる」事と空想する事とは全くの別物ですが、目に見えない何かを信じる事を
教えるのは、危険な事かなあ、と考えていました。
だけど、それが「愛情」であったり「信頼」であったりと、人は常に「何か」を
求め、信じて、それらを支えに生きるのだと思い、
「良い子にしてたらサンタさんは見てくれてる」と教えました。
少々、宗教チックかもしれませんが、目に見える事だけを信じる人生なんて、
彩りが少なくてツマンナイですもんね(笑
 
コメントの編集が出来ず、yockyさんのコメント全文はここに掲載出来ませんが、
サンタを信じる場所のお話の箇所は返信形式を持って掲載させていただきました。

ママ | URL | 2010年01月06日(Wed)09:15 [EDIT]


カンさん

こんにちは。
ご訪問とコメントをありがとうございます。
 
初めまして、ですよね~?!
 
昼間がお仕事って、パパが居ない時は昼間で、
お仕事だよと教えたからなのか、夜にお仕事の人を
見た経験が無いからなのか・・・。(汗
 
ですが、何かと何かを結びつけながら疑問が出るのは、
とても大切な事だと思うので、大切にしたいと思っています。
 
これからもよろしくお願いします。

ママ | URL | 2010年01月06日(Wed)09:18 [EDIT]


はじめまして

検索で偶然このブログに出会いました。
おかあさんの、モチベーションの高い育児に非常に感銘を受けました。
わたしの息子(3歳10カ月)も、自閉症スペクトルと診断されており、手探り育児の状態です。
お手すきの際にでも、ぜひ遊びにいらしてください。
http://ameblo.jp/eightboy/

今回の日記の、時系列の話も、非常に参考になりました。
わたしの息子はまだ、おおまかな時間しかわからない状態です。
「今」と「今日」を混同していて
「今日、朝?」「今日、夕方?」と聞いてきます。
今まで、言い間違いなのかなと思っていましたが、ママさんの日記を拝読して、そもそも、「今」と「今日」が何を指すのか、理解できていないのかもしれないと思いました。

えいとママ | URL | 2010年01月11日(Mon)08:20 [EDIT]


えいとママさん

初めまして。
ご訪問とコメントをありがとうございます。
 
なかなかモチベーションも上がったり下がったりで、
こちらこそ皆さんのブログで勉強させて頂いています。
 
息子さんは3歳10ヶ月とか。
時系列は月齢的にまだ少し難しいのかもしれませんね。
4歳代になって、「今日はお天気だねえ、○○に行こうか」などと誘って、
後に、「今日は○○に行ったね」「明日は何しよっか」と言う風に、
今日、明日、と始めてみるのも良いかも。
「今」も同様に「さっき」と比較しつつ言葉に乗せて、日常的に
使われてみられるのもどうかな?と思います。
息子に実践した結果、「今」と「さっき」は理解出来ましたが、
「もう少し」がなかなかで、特に「もう少し待って~」の理解に時間が
掛かりましたが、今は、「もうちょっと待って~」に対して
「・・・時計の針はドコまで?!」と返答してくれています(苦笑
息子専用の腕時計(オモチャを 早めに持たせたのも良かったのかな、とも
思っていて、約束の時間に針を合わせておいて、壁時計と見比べをさせると、
「今」が過ぎた、の認知にもなるかな、と思いますよ。
 
診断が出ておられるのであれば、専門の道も早くに開けるだろうし、
導き方の勉強もコツも早めにつかめると思うので、これから!ですね!
  
> お手すきの際にでも、ぜひ遊びにいらしてください。
> http://ameblo.jp/eightboy/
 
ぜひ、伺わせて頂きます。
ありがとうございました。

ママ | URL | 2010年01月12日(Tue)22:15 [EDIT]


 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー 2009

小島一郎カレンダーを無料配布 (12/12 11:51) ‎2009年12月11日‎ つがる市は、写真家・小島一郎(1924~64年)が昭和30年代半ばに撮影した同市の風景写真を使った2010年カレンダーを3千部製作 した。16日から希望者に無料で配布する。カレン?...
[続きを読む]

25秒速報。ニュースの森 | 2009年12月16日(Wed) 12:03


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。