愛ダケじゃ、育たない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファーブルとエジソンの母の心情模索中

小学校に入学して、この5ヶ月。
 
夏休みを含め、様々なトラブル&発見があった。
息子は確かに成長してる。発達もしている。
 
学校でのトラブル、学習障害については、おいおいまとめつつ。
観察しながら、書き出しをしながら、となるとかなり苦心しているが、
とりあえず今のところ、通知表は全て「できる」をもらっている。(絶対評価
 
今回は長い夏休み期間の日常生活の中で、離れる時間なく過ごした結果。
その方向性が、やはり少し違うのかな、と思う箇所を。

ベットに入って、なかなか目を瞑って、眠りを待つという作業が困難な息子。
今夜の話題は、「ありんこ」
 
「ねえ、ママ・・・」と深刻そうな声を出すので、寝たフリをし、
息子が寝付くのを添い寝で待っている身としては、スルーが原則だが。
その余りに真剣味を帯びた声を聞き逃せなくて、
「・・・ナニ?」と乾燥した声で答えれば、
 
「ありんことお友達になろうと思ったら、なれるのかなあ?」であった。
 
就寝前に読んだ本は、「せかいあちこち、ちきゅうたんけん: 作かこさとし」だった。
そして、今日は一日中、ファーブルの話など、しておらず。 
これが、年少、年中程度ならイザしらず。
一年生が言う言葉なのだろうか、と。
 
「うーん、亀は人に慣れるっていうけど、ありんこは難しいかもねえ」と言うと。
「でも、ミニモイ(子供向けの映画 の国だとありんことお友達になってたよね?」とキタ。 
慌てたのは、こちらで、一気に目が覚める。
「え?え?・・・あれは映画のお話しだよ?」というと、「うん」と。
 
ウチではあまりテレビを見せておらず、テレビが見たい、といえば、その殆どは、
DVDの子供向け洋画が多い。
アニメもあるが、PIXAR系列の「ウォーリー・E」だとか、「ヒックとドラゴン」等。
 
まだ、年齢的にテレビと現実社会の区別がはっきりつかず、未確認物体!などという物との
境目も怪しい、この年齢だと恐がらなくてよいものにまで不安を覚えるかと思い、
あえて、俗っぽい番組は見せず、もっぱらNHKの受信料の元を取る勢いで情報を入れていたが、
純粋培養し過ぎた?影響なのか、と心配になった。
 
息子は、この夏休みの間の音読で、小林一茶を読ませている。
宮沢賢治の「雨ニモマケズ」は文章の意味も掴みながら、楽しんで読んでいたので、
俳句なら短いし、意味を考えるにも深くなるかなあ、なんて思いつきで。
 
その中に「やれうつな、ハエが手をする、足をする」の一節があり、
「命ってね、小さい虫にもあるんだよね~」と説明。
帰省した際に釣りに行けば、周囲から
「お魚も命だねえ、釣ったお魚は食べようね」等と話をしたのも一因か、
蚊を殺すな、と言う。
 
蚊を狙って手を広げる私を見つけるやいなや、「ママ!」と叱責され、それにメゲず、
ぱちん!とやると、軽蔑した目つきのあと、涙を浮かべ懇願&説教。
「ママ・・・、同じ命でしょう?」「蚊にもパパとママが・・・、うっ、うっ(泣」と。 
「いてへん、いてへん」と軽くかわせば、諭される。
 
たくましく、とまでは思わない。
だけど、やられたら、やりかえす気持ちや気合が必要な場面もあるだろう。
 
今、息子は、亀とカブトムシ(オス、メス を飼っているが。
これも何事も経験と帰省した際、早朝4時半起き(母飲み会帰り直行 で、山に入り、
目ぼしい木を探しながらの天然モノ。
亀は縁日で、500円で10匹程度釣り上げたにも関わらず・・・の一匹。
 
言われなくても、カブトムシには毎朝、ゼリーをやり、亀の水槽を洗う。
着替えですら、言われなくちゃ、歯磨きですら、画像でみないとなかなか出来ない息子が。
 
「ママ、花火は開いてから音がするよね?どうして音と一緒じゃない?」と言われても、
息子なら当然思いつく疑問だと驚きもせず、本屋で速度の本を求めた。
「リモコンの電波は体を通さない!どうして?!」と聞かれた時も図書館へ行った。
キレイだねえ~、色んな色があるよね~、などといった情緒的な場面から派生する疑問でなくとも、
そういうモンだよ、ママ、電波とかって全くわからへん、と逃げられなくても、平気だった。
 
感受性が強いのは、確かに良いことだし、命を粗末にしない生き方も正しい。
けれど感受性が強すぎると、やはり生きにくい生き方を強いられる場合も多い。
だから、そんな息子に「ありんこと~」と言われたとき、正直、すごく焦った。
 
ありんこと、友達になるには、どうしたら良いか調べながら母は。
息子の将来に想いを馳せ、進路を模索する。
そして、ファーブルとエジソンの母の心中すら、模索している。
「ヒト」ではなく「人」としての将来を安定させるために、今、基盤を作る。
どんなに算数が出来ても、理解力が高かろうとも、まだまだ息子の世界は地上50㎝辺り。
 
 
明日の朝、この会話を覚えている様子なら。
「ねえ、ありんことお友達になって、何がしたいの?」と聞いてみよう。
 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ いつも応援ありがとうございます。
 

 
 
 

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011年08月29日(Mon)10:45 [EDIT]


Re: 初コメです

初めまして。
ご訪問とコメントをありがとうございます。

>ママさんの息子さんにはどのような変化を感じますか?うちの息子はコンサータ18mgが処方されています。

 
息子も同じ18mgですが、飲んでいるときと飲んでいない時を比べると。
テレビを見ているときに、飲んでいれば座ってみれる。飲んでいなければ、
テレビから流れる楽しい音楽(オープニングの高揚感を誘うような曲 や場面などで必ず、
踊り出したり、飛び跳ねたり・・・、とじっとしていられません。
また宿題などをするため、机に向かうといった体勢が、ぐにゃぐにゃとねじれて?います。
結果、文字もねじれてしまったり、文章を書く間、思考がよく飛びます。
例えば、「きょう、プールに行って、皆とプールの中で鬼ごっこして楽しかった」
の一行を書くにも、プールに行っての次の「鬼ごっこ」を考えるとき、
「そうだ、プールで蜂が来たよね」とか「帰りのアイスおいしかった~!」などと、
鬼ごっこをしたのが一番楽しかったから、それを書くと決めていても、話しがあちこちに
飛んでしまい、結果書いた文章は時系列もぐちゃぐちゃで構文出来ておらず・・・。
本人は読み返して、アレ?アレ?なんて言いつつ書き直し、消しすぎでノートが汚れて泣きべそ。
飲んでいるときは、字の形が違います。筆圧もあるし、構文が出来る。
 
けれど情緒面、特にコミュニケーションは飲んでいても苦手な様子で、お友達同士だと会話は
難しい様子です。いまは「協力」がイマイチ抽象的なのか理解しにくい様子なので、
「チーム」に置き換えて協力すること、を話しつつ、相手の話を聞いて受け答えすることを
教えていますが、険しいですよ~~(半泣  
 
通知表は早くから療育をしていたので、今回は、といった形でしょうか。
これも学齢が上がるにつれて、IQと同じく逆転は多く見られると思いますので、
少しずつ、先取りとまではいかなくても、ある程度は「出来る」を積み重ねていかないと、
自己否定が多くなってもなあ・・・、なんて考えながらです。
今は文章題と漢字を親子でせっせとやってますよ~(苦笑 
 
夏休みは服薬させない日が多く、こちら側のストレスも増えて、それを発散させる為に
結構外遊びをしていて、気付くと息子に負けずかなり日焼けしてしまって。
ブログの更新とともにお肌の更新も頑張りたいな、と思っている二学期初日です。
 
いつも遅い更新になってしまうのですが、これからもよろしくお願いします。
お友達とのお付き合いと考えると、私も不安は多々ありますが、今やっていることが、
「未来の息子」を創るんだよな~、なんてせめて希望だけは建設的に考えつつやっています。
一緒に頑張りましょうね!



ママ | URL | 2011年09月01日(Thu)09:44 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011年09月01日(Thu)10:58 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。