愛ダケじゃ、育たない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達テスト結果

12月中旬に。
 
テストの結果が出た。

 
ムスコは、「高機能自閉症」 との、診断名がついた。
 
今の現状で、その診断名だそうで、これから先の変化はあると思われます、であった。
 
 

ムスコは、来月で3歳になる。
 
語彙は、800~1000はあると思う。
 
けれど、未だに。
 
一人称、二人称を、間違う。
 
 
パパが帰宅し、玄関先に飛んで迎えに行く。
 
「ただいま~~~」
 
「ただいま~~」
 
「ちゃうちゃう、おかえり、やろ?」
 
「ちゃうちゃう、おかえり~~~」 
 
である。
 
 
あどけなく、満面に笑みをたたえて、父親の帰宅を喜ぶ様子からは。
 
日常の幼児によくある、一場面だと見過ごしてしまいそうになる。
 
それほど、ごく自然に、息子は。
 
「まるで会話が成り立っているように」 繰り返す。
 
 
 
「こっちに、置いてね」 
(ここに、置くんだよ? の ママ指示)
 
「こっちに、置いてね」 
(ここに、置くんだね の 息子確認)
 
と言う風に、ヒトツの場面を見ると、成り立っている。
 
が、話し言葉になっていない場面が、24時間の中で、あちらこちらに、散らばっている。
 
 
「こっちに、置いてね」 (ママ指示    の返答としての、話し言葉なら
 
「は~~~い」  でも、よかろうし、
 
「えー、あっちがいいよ~~」 でも、話し言葉だろう。
 
 
問題は、言われた事を繰り返したり、単語で話をする、って事だ。
 
 
 
高機能自閉症、って言葉を、かなり調べた。
 
だけど、将来的な見通しが、難しい。
 
例えば、長期に渡っての、療育方法。
 
 
各一人一人、症状が異なっている、なら。
 
親が、その症状に合わせた、独自の療育を「開発」せねばならない、って事だ。
 
 
 
受容は、出来てる。
 
あとは、実行。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。