愛ダケじゃ、育たない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷子の自覚

自分が、迷子だ、と。
 
迷子って、こんなモンなのだ、と。
きっと息子は、昨日初めて気がついたのだと、思う。

 
一週間に三回は行く、近所のスーパーで。
 
入るときは手を繋いだり、カートに乗ったり・・・だけど、売り場に行くと、
「お菓子、行くねん」 「本、読むねん」 と、繋いだ手を解く、カートから降りる、と言ったり。
 
結局、一緒に並んで歩き、牛乳どれがいい? なんて会話しながらの買い物は、
なかなか出来ない。 (出来る時もある 
 
だけど、このスーパーで、どんなにママと離れても迷子にはなってなかった。
 
理由は簡単。
 

 
いつもいつも、「この場所に居るハズの息子」を、スーパー中捜し歩く時に言うママのセリフ。
 
「息子~~~ (息子の名前 どこ~~~? どこに居てるん~~~?」 を息子はマネして。
 
「ママ~~~  どこに居てるの~~~~?」 と、大きな声で、泣かずに探せていたからだ。
 
 
一人で行く、と言う息子に、
「怖くなったり、寂しいなと思ったら、まま~って言うねんよ?」 と、前もって言ってから。
 
「じゃ、ママ、買い物してるね」 と、言えば。
 
「はーい」 と、駆け出し、迷子にもならなかったし、店外に出る事もなかった。
 
 
昨日は、本を読む、といってカートから降りて。
レジ横の本棚に居るハズの息子は。
 
見知らぬ女性のお客さんに、手をひかれ、ベソをかきながら涙を出して
 
「ままー、ままー」 と、小さな声で言いながら、私を探していた。
 
 
推測だが、昨日は。
いつものように、本を読み終え、さて、いつものように、ママを探そうとして。
 
「ママー、どこに居てるの~~?」 を始めた時に、お客さんである、女性が。
 
「僕、迷子なの? お母さん居ないの?」 とでも言ったのだろうか、とも思う。
 
 
一人称、二人称が苦手で、疑問符だとか、語尾の変化や違いが少し苦手な息子。
 
「僕、迷子なんだね」 「お母さん、居ないよ」 の意味と混同したのではないだろうか?
 
 
一緒に探そう、の声だけを、きっと頼りに「知らない女性」と手を繋ぎ、
「ママー」と、半泣きでの店内行脚と相成ったのでは? と、思う。
 
 
迷子の経験はある息子。
 
ママの一言 「知らない人と、一緒はあかん!」 それを忠実に守って。
警備員さんとでも、手を繋がずに、広い会場をママを探していた。
 
警備員さんは、ナントカ息子の名前だけは、聞き出して、息子の後ろについて、
ずっと見守る形で、歩いて下さっていた。
 
あれから、半年。
 
息子の中で、知ってる場所なら一人でも大丈夫、ママは呼べば必ず来る、と。
迷子の自覚のない、迷子になるべく、躾をしたつもりだが。
 
分かっているハズな場所で、状況でも。
親切な、第三者の登場で、それは崩れた。
 
 
誰かに指摘されて、自分がママを探してるから、迷子だ、と。
ママと離れているから、迷子になってる、と。
 
良い事なのか、悪い事なのか・・・・。
これで、ママから離れないなら、良い事だろうけど、視覚優位の息子には無理だろう。
 
さて、どうなるんだろう・・・。
 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

 
 
 

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。