愛ダケじゃ、育たない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の発達

息子が、現在3歳3ヶ月で。
1000語を超えた認知と発音をしている。
 
だけど、やっぱり、違う。

 
発達障害児は、言い間違いが多いと言うけど、多分コレもその一部。
 
やっと片言を話すようになった頃の「イタダキマス」
息子は、小さな手を合わせ、
「ぱーぱーち!」 と言ってた(笑
 
当時はその言葉の音や、表情が可愛くて、可愛くて・・・。 
親子揃って、三人で食卓を囲み手を合わせて 「ぱーぱーちっ!」 であった。
 
今は、イタダキマスは確実に言えるのだけど、単語の音を間違える。
 
名詞で、意味はカンペキに分かっているモノが多く、日常的に耳にする言葉なのだけど、
 
・テレビ→テビレ
・マスク→マクス
 
カタカナが難しいんだろうか?
 
モチロン、ジャーゴンみたいな宇宙語もある。
 
・イッセージューテェー!
 
こうなるとお手上げ状態で、名詞なのか動詞なのか区別も付かず、全く分からない。
 
だが、息子はこの言葉を、連呼の状態で何度も何度も、大声で繰り返す。
近所のヒトがコレを聞いたら、何かの宗教で、お念仏?でもあげてるのかと思うだろうな(笑
 
テレビで覚えたのだと思うけど、いったい何を指し、何を伝えたいのか分からない。
そんな時、辛いなあ~、と思う。
 
言葉が出ていても、パパのマネをして、新聞を広げて
「息子、記事、読んでるねん」 と真顔で言われると。
 
「記事ちゃうで? 新聞やろ?」 と言い直してみるけど、ぽかんとした顔をして
「明日は、くもりかな~」 と、私の言う言葉を真似て応対する。 
 
 
「新聞の一部分=記事」 が当然分かっていないので、全く違う話をする。
 
新聞を読んでいる時に発する、ママやパパの使う単語を、場面に合わせて覚えて使う
 
こんな時、どうやって教えたらいいんやろ、と、少しの疲労感を覚える。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。