愛ダケじゃ、育たない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚え間違いと言い間違い

これって、三歳児ならよくある事なんだろうか。
 
単に、聞き取りが弱い息子が、覚え間違いで、使ってる?
それとも、三歳の聞き取り能力なら、良くある事?
 
むーん。

聞き取り能力が、弱い息子は。
 
長い説明や、知らない単語が出てきた文章には、集中力が見られない。
 

「今日は、天気良いから、きっと幼稚園でプール出来ると思うよ、いいなあ~」
程度なら、理解出来るし、プールは好きなので、いつも通りの嬉しいの感情を表す言葉で
「やった~~~」 で会話として成り立つ。
 
が。
 
「今日はお天気やし、プールに入れるかもしれない、だけど、実習生の先生も居てる日やし
 水着やタオルも用意してるから、年少さんはプールするねんて、良かったね」 では。
 
「実習生の先生」の箇所からは、理解出来ないと思う。
 
で、頭の上にハテナマークを飛ばしてる表情で、「ふ~ん」 で会話は終了。
 
息子の脳内では、結果。
・・・プールは出来そうだが、何?何?何を言ってるの?・・・ で、終結し、
最初の文章の 「お天気だから、プールに入れそう」 は、完全に抜け落ちてしまう。
 
 
 
「ママー、抱っこー」
「あれれ、甘えん坊さんやな~」
「きゃ~、はずかしい~」   (Tシャツをめくって、お腹を出す 顔を隠すワケではない
「?」
「きゃ~、はずかしい、ね~」
「??・・・何が恥ずかしい?」
「はだかん坊~」
「!」
 
可愛らしい会話もあるが、三歳児って、こんなモン?と思って聞けば可愛らしい。
でも、これが「障害の症状なの?」と思うと、なんとも遣り切れなくなる。
 
この会話から、息子は私が言った、「甘えん坊」の単語を、完全に「裸ん坊」と混同してる。
抱っこ~、と言った時は、完全に私に寄りかかり、ベッタリしてた。
 
でも、抱っこした後に、私が笑いながら「甘えん坊さんやな~」 と言うと。
慌てて、Tシャツをめくり上げた、といった状態だった。(本人、笑いながら
 
 
うーん、甘えん坊でも、裸ん坊でも、確かに恥ずかしいね、と言われるだろうケド。
それまで、息子は、甘えん坊やね~と、言われる度に、Tシャツをめくりあげるのか?
 
 
 
・・・関西圏内なら、確かに通用するかもしれないけど。
現在は、母親にしか分からない一発芸やな (笑 
 
裸ん坊の小島よしおさんも、ビックリやな。(いや、アンタは少し恥ずかしがってええんやで?
 

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。