愛ダケじゃ、育たない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見せる事で得られるモノ

歯医者に、息子と行ってます。
 
今回で、4回目。
ヨチヨチの時に、公園のコンクリートで前歯を打った息子。
どうやら、神経が切れて、そこに膿の袋が出来ている様子。
 
処置に耐えれるか、また、どうやって通院させるか。
 
一回目は、半信半疑で、ちょこんと椅子に腰掛けて。 
大きなお口を、あーん。
 
二回目以降・・・

そう、二回目以降は。
 
「今日、歯医者さんやねん」 と言えば、
 
「・・・イヤ!」
と、けして広くないリビングを、転げ回って、泣き叫ぶ。
 
もう、その声を聞くのが、私にはストレス。
また、連れて行って、押さえ込まれて、涙をボロボロ溢し、
「ママー、たすけてー、ママー、たすけてー」 と必死に訴える息子を見るのも、可哀想で。
 
だから、 
「今日はママの歯医者さんやねん」
「息子は、先生に歯を見てもらって、バイキン居てるかどうか、見てもらおう」と。
 
行く前に、治療をする、と言うと絶対に連れていけない。
そして、行ったら○○買ってあげるから、も、躾にはならない、と思って。
 
とりあえず、ママの治療があるから、一緒に行きましょう。
でも。
息子の歯にバイキンが居てるかどうか、は、先生に診てもらってからの話、と。
 
問題の解決 
 
① 「連れて行く」 に対して 「診てもらってから」 
② 「治療するかしないか」 に対して 「先送り」
 
を選んでいたら、限界が3回目。
それも当然だろう。
不安なままで、無理やり寝かされて、看護士さん二人に、押さえつけられての治療。
 
4回目は、さすがに歯医者さんの前の道路で、「いやーー」 と、大声を出した。
 
なだめすかして抱きかかえ中に入った。
ママの名前を呼ばれても、自分の治療が気になる様子で。
何度も何度も、椅子を倒されて大きな口を開けているママに、聞く。
 
「息子、バイキンやっつける?」
「息子、怖いー」 と、繰り返しながら、ウロウロうろうろ。
 
 
思い切って、看護士さんにお願いをした。
「ウロウロしてちゃ危ないし、良ければ息子に、私の治療を見せて下さい」 と。
看護士さんは、スムーズにそれを了承してくれて、
「じゃ、息子ちゃん、ママのお口、見てみようか」 と誘ってくれた。
 
バキュームの大きな音 (ズズー が怖い息子は、
「どうして、ズズー?」
「どうして、お掃除?」 と、看護士さんを質問攻めにしながら。
 
視界に入らないからこその不安と、視界からは得れない音に対する不安を無くそうとしていた。
 
看護士さんは、じっとママの口の中を見ながら、多くの質問する息子に、
面倒臭がらず、一つ一つ、三歳児に分かる言葉で、答えてくれた。
 
「ほら、これがズズーやね、お掃除してんねん」
「みてみ? バイキンがお掃除されるよ」
 
「ガタンゴトン、音がしてるやろ?」
「バイキンさんを、歯から取ってんねん」 等など・・・。
 
 
結果、息子は。
自分の順番になると、自ら椅子に登り、座って。
お口をあーん、と開けられるように、なった。
 
麻酔を打つ時だけは、さすがに、看護士さんが
「ちょっとだけイタイから、ぎゅう、するね」 と、息子が動かないように、体と足を押さえる。
だけど、それ以外は、歯医者さんの言葉や、指示も入って、看護士さんは、横に立つだけ。
 
「イタイ?」 に対して 首を横にふる。
「怖い?」 に対しても、首を横にふる。
 
歯を削る時の独特の音に、看護士さんは、こう言う。
 
「ガタンゴトーン、ってお口の中で聞こえるよ、でも痛くない、大丈夫」 と。
 
体を押さえつけられ、身動き出来ない恐怖から、逃れたと同時に、
見えない(視界で確認出来ない 恐怖から、も、逃れられた息子。
 
椅子から降りた、息子の顔に。
「一人で、出来た!」 の満足イッパイの誇らしげな表情がある。
 
 
 
見る事で、確認する事で、逃れられる恐怖が、息子にはある
また、逆に、逃れられない恐怖になる時も、ある。
 
 
「歯医者さんの怖さ」は、どうやら、見る事見せる事で、親子共々安心に変わった。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

 
  

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

すご~~い!

 こんにちは! 歯医者さん体験!素晴らしいです!!
うちの息子は、まだ歯医者で歯を削ったことがないんです・・・。フッ素塗ったり、検診したことがあるだけ。
あの「キーン」は、息子には耐えられないだろうな、こんなに大きくなってから泣き叫んで暴れられても、押さえつけられないだろうな・・・と想像するだけで冷や汗がでるので、「虫歯だけは作らないでよ~~!」と歯磨きさせてました。

 今のところ虫歯もなく、事なきを得ているけど、この先できるかも・・・と思ったら、一度私が行く時にでも、見せた方がいいですね。すごく参考になりました。ありがとうございました^^。

ハレルヤ | URL | 2008年07月07日(Mon)17:20 [EDIT]


ハレルヤさん

こんにちは。
いつも、ありがとうございます。
 
息子は「歯磨き」そのものが苦手で(汗
どんなに柔らかいブラシを優しく当てても「イタイ」と言います。で、結局ガーゼで磨いたりしていたのですが、3歳にもなると、甘い物もお友達が食べていると、どうしても・・・(泣 
 
結果、やはり奥歯が全滅の状態で「茶色く変色状態」
前歯もあるし考えた末に「見せた」のですが。
 
怖がるかな、とも思ったけれど、皆、周りは口を開けた人だらけで、息子にしてみれば「何してるか見たい!」の興味が勝ったようです(笑
 
何度か連れて行って、「見てみる?」なんて誘導もいいかもしれません、そして、その際に、大事なのはやっぱり、「説明」それも看護士さんか、お医者様の言葉が必要だと思います。
 
ガンバってやって見てくださいね、応援してます。

ママ | URL | 2008年07月08日(Tue)09:43 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。