愛ダケじゃ、育たない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常変化での敏感さ

幼稚園は夏休み。
 
だけど一切、「幼稚園に行かない」のも、夏休み明けの息子を思うと・・・(怖
週に一度は、預かり保育で、つかず離れず慣らしておこう、と考えた。
 
でも・・・。

夏休み後じゃなくて、それは、もう始まっていた。
 
預かり保育では、当然だが、使用する保育室が違う。
部屋が違えば、配置の違うオモチャ達。
先生だって、担任ではなく出勤予定の先生。
お友達も、いつも見る顔とは違う。
 
行く前から、
「ママ先生が、いい」 と、お支度もグズグズ。
「今日は、幼稚園でプールすんねんで?」 と、水遊びで釣っても効果無し。
 
ママ先生とは、幼稚園の配慮によって、母親が保育室で同席し過ごすこと。
以前に、何度か息子はこれを経験済み → 初めてのフラッシュバック?
 
 
朝から
「ママといっしょにー、ママといっしょにー」 を繰り返す。
 
でも、「こう言えば、一緒に居れる」 と 「助けを求める」 との違いを教えるのにも
好都合だと考えて、グズグズの息子を、同じクラスのお友達の名前を出して、
「んー、ママ先生はあかんねん、でも、○○君が居てるかな? ○○ちゃんも居てるよ」 と。
 
なんとなくだけど誤魔化された形で、園に連れて行く事に成功した。
 
違う保育室に入る事に、すこし抵抗があった様子だけど、
「先生、お願いします!」 の母親の声に気圧された形で、保育室に入った。
 
だが。
 
違う環境で、(園の中、というのは同じでも  違う段取りで、運ぶ半日。
相当、疲れたのだと思う。
 
お迎えの時に、「まだ!帰らない!!」 と、ご立腹。
パニックという程ではないが、かなり強固な態度。
他のお友達は、とっくにお迎えが終わり、保育室の中には、息子ただ一人。
「まだ!遊ぶ! 帰らない! 帰らない!」 と、
そんなに家がイヤかい?と聞きたくなるくらいの、反抗ぶり。
それでも、お迎えのお支度はした様子で、園バックを辛うじて背負ってはいた。

 
担任ではない教諭を相手に、延々と汽車ごっこ。
レールを繋ぎ、トンネルを作り、黙々と走らせる。
 
不安定だった一日に、お迎えの母親の顔を見て。
安定を求めて、今、好きな事をしているのだなあ、と思いながらも、
預かり保育の先生の勤務時間やら、保育室の片付けやらが気に掛かる。
 

「紙芝居も、イイコで座ってみていましたよ」 との預かり保育担当の先生の言葉に 
頭を下げながら、息子に、「もう、オシマイ、帰ります」 と言っても。
 「帰らない!」の一点張り。
先生が配慮くださって、「じゃ、レールを5個繋いで、駅まで走ったらオシマイ」 と
柔らかく誘導して下さる。
 
けれど、なかなか切り替えが出来ない。
約束の駅は、降園時刻と共に、とっくに過ぎている。
見兼ねて、キリの良さそうな場面で私が促す。
 
「はい、先生、さようなら、をします」 と。
  
その声を聞き、シブシブ納得すると、立ち上がり先生に向き直って。
「せんせー、さようなら!」 と、いつもの降園の姿勢と挨拶。
 
幼稚園のシステムにやっと慣れたのに、ああ、夏休み。
夏休みはまだまだ続き、「ママと一緒」に安定した頃には、また幼稚園。
 
保育室が違う、先生がいつもより多い、だけで不安定さを隠せなくなる息子。
環境の変化にとても弱く、変化についていけない場面も多い。
転勤もあるというのに、「変化」を受け容れやすくする方法を思案している。 

 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ 応援、ありがとうございます。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。