愛ダケじゃ、育たない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害と犯罪とカミングアウト ①

なかなか、カミングアウト出来ないのは。
「発達障害」と言うと、すぐ「犯罪」に結び付けて思われる。
と感じているからだ。
 
新聞を読みながら、世間って、小せぇなあと思うと共に。
それじゃ、私は。
息子の事を、カミングアウトするのか、と。

新聞紙上を賑わせているのは、最近。
「発達障害があった」 なんて意味合いの「心理検査」
 
無論、一昔前は。
「障害」があることで、緘口令が敷かれ各報道陣は、沈黙を保つのが美徳とされていた。
美徳でもなかろうが、いわゆる「障害があるが故の犯行」となれば。
世間的な弱者保護を沈黙を持ってアピールしただけ、のことであろう。
 
現在は、社会的にある程度の自立があれば。 (就労、納税、自炊 などなど
自動的に「障害者ではない」とどうやら見なされるようだ。
被疑者の過去を遡り、資料を収集、検討した上で掲載する余裕すら見受けられない
それだけ情報・伝達の分野でも「速さ」が要求されているのだろうけども、
画面から漂う 切捨て の空気は誤魔化せない。
 
療育を受けたからといって、障害は治るモノでは、なかろう。
緩和するのを目指している私は。
療育がより良い成果を上げたと思える場面とは、息子の中のデータが増えた、と思う時だ。
 
「何々が出来ないから、それを可能に」 と願う療育の場面とは、
毎日の生活の中で、それらが息子の時間を多大に消費するだけのモノであれば。
そこを短縮してやりたい、短縮出来れば、もっと前に進める、と感じる日常だ。
お着替えに、必要以上に時間を取られるのであれば。
絵なりマグネットなりで、「次はこうする」を息子に分かり易く伝えればよい。
その伝達方法を学ぶ場が、「療育」の場やと思う。
療育ってのは、子が学ぶのではなく、親が学ぶ場面の方が遥かに多い。
 
それなりに経験を積まれた、世間で「先生」と言われる方に、以前こう言われた事がある。
小さいウチはヘタな療育先に入れるより、お母さんが教えた方がいい と。
それは、療育そのものが技巧的な部分で、上手い下手といった言い方ではなく。
息子に必要か不必要かを良く見極めて、と言った「言外の意味」を含んでいる。
こう書くと、世間的には息子可愛さに「先に立ってレールを敷く親」に受け取られるだろう。
が、息子が歩く道のりに小石があれば、小石を取り除くのではなく、
取り除く手段を教えるのは親として(定型発達の場合でも 当然であろう。
ま、その小石が息子には、多すぎるだけの事や (笑
 
小学校、中学校、高校、大学、と各教育機関では、障害児枠を設けてある。
当然、年齢と同じ「学び」は期待せず、そこに通わせたとして社会に出ると、どうだろうか。
企業には、障害者枠がある、けれど。
それには当然、生産者としてのノルマも課せられ、世間が待ち受ける。
 
社会に出る、のを目標にして療育を受けたとしても、社会人に「療育」の場はない。
カミング会うとする事で繋がる、積み重ねた人間関係、理解ある周囲、それらに。
息子は助けられながら、託されたまま生きるのだろうか。
 
「○○君は、障害あるけど、すごくイイコやねん」
「○○君は、そういった言い方すると、あかんねん」
「○○君が、そんな事するわけない、ちゃんと事情を聞いてやらな」
果ては。
「○○君は、ノルマでストレス抱えて、力加減間違って人殺したねん、しゃーない」 と。
そんな社会は、世間は・・・ありえへん。
 
この子達が生き易くなるために、理解を求めよう、と人は言う。
前述の二行程度の理解は求められよう、が。
後ろ二行は事が起こってから、の話で論外だ。
「生き易く」が可能になるのは、本人の意識次第が第一だ。
自身が必要とされ、肯定され、認められ生きる、それに続く道を迷う事があるだろうか。
応用ばかりの生活24時間を、療育の場無しで息子は生きていく。
それが軽度である、と言う現実だ。
成人し就労をし、家庭を持つ年齢になっても、お手々繋いで一緒に、なんて。
やってくれない、出来ないのが現実で、社会で、この日本なのだから。
「生き易く」なんてキレイゴトで、現実は「生き抜く」んだ
 
周囲を変える、理解ある社会に・・・、って、その努力をしてる間に。
息子は成長していく、この現実社会、無理解や好奇丸出しの世間様の中で。
切り捨てがまかり通る福祉・教育の現場で。
それなら、私は。
息子と自身の意識から変革した方が速い、と考えた。
普通に考えてもそうだろう、例えば、会社で人間関係が巧くいかない、としたら。
相手を変えよう、と努力するより、自分の考え方を変えるやん。
適当にあしらう、近付かない、そしてトラブった時の対処法・・・、同じ事だ。
 
カミングアウトをしないのは、したことによって”治るもの”に決して障害はならないからだ。
したところで、「○ちゃんは障害があるから」といった配慮や支援は確かに受けられる。
けれど、それを受けて息子は何を学ぶだろう。
   
弱者を社会が守るだなんて、これを読んでおられる皆さんは、真実に気が付いているやろ。
障害者を担っていくのは激減している、現在の。
息子らと同世代の彼らなのだ、それを知っているからこそ。
私はカミングアウトはしない、そして、しないまま集団の中で学ぶ事こそが。
彼らと息子を繋ぎ続ける理解への道だ、と思っている。
 
発達障害って言葉がなかった頃。
「アイツ、ちょっと変わってんねん」
「コイツ、ヘンやけど、おもろ~~」 なんて。
そんな言葉がアタリマエだった頃。
子供らは特性を個性として、捉えていた。
その子供社会の中で力関係やら何やらの、現実社会の縮図を学んでいたと思う。
 
インクルージョンだっけ?
障害児も定型発達の子も一緒に、ってヤツ。
あれって、定型発達の子は「優しさ・思いやり」を身を持って知る、日常的道徳時間になる。
今、道徳時間を増やそうって躍起になってる文科省の思惑通り。
 
けど障害がある側って、確かに触発されて刺激もあって、伸び率は高いだろう。
でも、その分、反動が必ず来ると思うねんけど? それが障害やんけ?
事実、療育に幼いうちから通っていても、やはり引き篭もりや不登校も増えている。
無論、不登校だからといってその全員が発達障害を抱えている、とは言わない。
けれど、それって、やっぱ、しんどい子供達が増えてるって事実で、
現実に、息子は”ストレスが発散しにくく、溜まり易い子ども”
そんで、伸び率もあろうけども、障害のあるとレッテルを貼られた子供は。
「助けてもらう事」を学び「自分の身の置き所」を知る。
それ以上を、クラス平均40人を相手している教師に、求めてもハードルが高過ぎる。
彼らも「人」で、もちろん、クラスの友達も、親も、移ろい易い心を持つ「人」だ。
  
その現状を踏まえ、軽度であるなら、カミングアウトせず、早い年齢から、
「オマエ、変わってんな~」 「チョイ、おもろ~~」 でもいい。
そういう奴やねん、と思われて、友達少ないなあ、と感じながらも、自分を感じて欲しい。
息子自身で、「他性」を知って、自分を知って欲しい
自分と違うお友達と繋がりあい、またそこから少しの距離を感じる事。
それらが必ず「自己決定」=自身を知り、自分の落としドコロを知る事に繋がる。
 
勿論、地元で、皆に知ってもらって理解を深めてもらって、生きる。
それには、それで良い理解と支援が得られるであるなら賛同したい。
が、転勤のある我が家には、不向き。
幼稚園でカミングアウトすれば、小学校にも当然、連携って形の口述なり書面なりが回る。
今、カミングアウトして、障害名を告げたとして。
息子の園場面での「困り感・苦手意識」は確かに軽減されるだろう、が。
転勤に伴う、転校、環境の変化・・・それらが息子にとっては、
「また、イチから違う事を学ばねばならない場面」であり、常に変化を強いられ、
転勤先の地域性に従いながら、生活しなければならないのであるなら、
今から、どう転んでも立ち上がる”生きる力”を養う道を選びたい。
 
「郷に入れば、郷に従え」と言うのは、確かに正しい。
その地域ならでは、の療育。
その地域ならでは、の理解と支援。
だが転勤は、理解のある環境を、息子にとってのベストを選ばせてはくれない
転勤は生活であり、ゴハンであり、療育を支えてくれる現金だ。
  
犯罪者の発達障害率なんてのがあると、一発やろうけど。
犯罪者って、やっぱりどこかが違う、その違いは、発達障害の為のモノも多いと思う。
DV、モラハラ、金銭トラブル、女関係、と普通の家庭においても、かなり多いと思う。
それって、療育を受けてて、自己表現が出来るとか、言葉が出る出ない、って次元ではなく。
「ああ、俺って皆と比べて、こういったトコが苦手やな~」 とか
「どうして皆、そんな風に思うんやろ」 って自身を振り返れる余裕の可否だと思う。
もちろん重度の場合、「関わりのとっかかり」として、専門士の療育は当然必要で、
カミングアウトする事で支援を得られ”生き易い場所”も見つかる確立が高い。
けれど、軽度の場合、守られる立場を保つ社会参加は難しい

だから私は、息子の苦手分野の療育を受けさせつつ、カミングアウトはしない。
       こんな私を人は、卑怯だと言うだろう。
せやから何やねん、私は死んでも、この子のママやねん。
そして息子は、    私が死んでも、私の息子やねん。
 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お久しぶりです!コメント&訪問ありがとうございます

記事読ませてもらいました。

カミングアウトについては、共感するところが多々あります。

世間からいわせれば、療育を受けながら公表しないのは
卑怯なのかもしれませんが!

それは、症状の度合いにもよると思います。

発達障害の症状は千差万別で、接してすぐわかるようなものから、長く接して初めて分かるもの、言われればそうなのかな?と思うもの、本当に解りづらいものだと思います。

ただ、私が思っているのは、子ども自身がストレスを発散できずに苦しんで悩んでしまうことのないようにと
常々考えています。

人として、身勝手なのかもしれませんが、子どもが苦しんでいるのなら、公表し周囲の理解を得る方法をとるのもありだと思っています。

別のブログでの記事でしたが、軽度の発達障害で周りの子たちと同じように宿題やテストができない
なぜ、自分だけが!と感じていた子が、そのストレスをうまくコントロールできず、親にもうまく説明できない。ある日、親にぽそっと呟く。
(○○ちゃん、ここから飛び降りてもいいかな?)

私は、思いました。軽度だからこそ、自分自身に劣等感を抱いてしまう場合もあるんだ!普通の子と同じようにできない事が、理解できる力があるから、逆に難しい場合もあるんだ!と。

公表する、しないは度合いで考えないようにしようと。

子どものストレスの度合いを優先しよう!と

ママさんより、もっと私のほうが卑怯で、親ばかかもしれません!

たっとぱぱ | URL | 2009年10月22日(Thu)12:57 [EDIT]


なるほどなあ、と共感しながら読ませていただきました。
うちの市は、診断がなくても療育施設に通えます。(専門士は臨床心理士が一人いるのみの施設です)。発達障害でなくても親が何か気になるというだけでも通えるのです。そして私も、子どもの為と言うよりは親の学びの為に通わせています。
診断に手間がかかるということもあり、これまでずっと受診を躊躇してきました。どうせ軽度なのはわかっている。そして長男の傾向と対策は、発達テストやポーテージの場で大体わかってきている。ここに面倒かけて医者に診断名もらったところで、何か進展があるだろうか、と。
結局、「生き抜く」ために今してやれることは何かということですよね。
本当に世間にはいろんな人がいるし、社会に出れば否応なしに生き馬の目を抜くような場面にも遭遇するでしょう。家庭を築く上でももちろん、きれいごとでは済まない試練の山積みですし。
これは自戒をこめてなんですが、療育に限らず習い事にしても、色々評判のよい「外注」先を見つけて子どもを託してあるからと自己満足しているお母さんによく出会います。もちろん子どもに対してすごく愛情深く熱心な方ばかりです。
うーーん。ん?と戸惑ってしまうことが時々あります。
すごくいい絵の教室があって子ども(発達障害)も行きたがるので行かせている。でもそもそもは夏休みの課題で家で絵を描かせるのは汚れるし面倒だしちょうどよかった。
うーんと、いや気持ちはすごいわかるけど。なんかちょっと違うくない?
環境を整えてやるのも愛情やけど…。
などなどです。
少し話がズレてしまいました。すみません。

桃 | URL | 2009年10月23日(Fri)10:38 [EDIT]


こんばんは。


こんばんは。はじめまして。

うちは、カミングアウトしてません。
学校にも。

将来的に考えると損だな、という私の勝手な判断です。

病院も途中で行くのをやめたし、療育は行かせてません。欲しい情報はネットで得られるし、療育は家でやればいいや、と。これまた私が勝手に決めました。私はどうしても、国やら支援教育やらが信じられなかった。頼れる世間だとは思えなかったんです。


決めるまでは悩んだし、決めてからも迷いがありました。覚悟を決めて、自分と子供を信じてスッキリするまでに2年程かかりました。

もう1年以上こっそりとママさんのブログを読ませていただいてました。いつも読み逃げばかりで、今日も読み逃げするつもりだった(←すんません)のですが。

>こんな私を人は、卑怯だと言うだろう。

この一言が気になってしまって。

発達障害って難しいですよね。程度の差やら、特性の有無やら。

私も細々と目立たぬようにブログを2年ほど続けてますが、世間の流れに逆らうような結論を自分が出そうとしてる時、出した時。どう書こうか、私とは違う考えの人を傷つけてしまうんじゃないか、なんてかなり悩みました。結局、思うまま好き勝手に書いちゃいましたけど。

でも、どうしてだろう。
自分の目で子供を見て、自分のやり方を信じる事が、どうして卑怯なのか。自分の考えを公表する事に、どうしてこんなに罪悪を感じてしまうのか。

どうしてでしょうね。
まぁ、わかっちゃいるんですが、頭が悪いんで文章で表現できないんですよ。すみません(笑)

なんというか。
卑怯ではないですよね。普通に考えて。

不自然な世の中に、そう思わされてしまうのかもしれませんね。














黒猫の憂鬱 | URL | 2009年10月24日(Sat)03:33 [EDIT]


ご無沙汰しております。momoママです。
うちの場合は中度知的障害がある広汎性発達障害で、療育手帳も取得しているため、車を購入する際に手続き上(税金が減免されるので)車屋さんにカミングアウトしただけで、親戚や友達には一切言っていません。
私個人の意見ですが。就学前は特に問題が無い限りは言う必要性がないのではないかな??と思ってます。(園の先生には言いますが・・・)

問題行動がある場合には、カミングアウトも必要だと思うのですが、友達との関係も良好で問題行動が無ければ、周囲に言う必要はないような気がします。
就学以降は状況も変わると思うので、なんともいえないのですが。
その子の状況にもよりますしね。他害があるのに言わないのは・・・とも思うし。この問題は難しいですね。その子によるし、状況にもよるし。自分の子もそうですが、他の子とのバランスもあるでしょうし。






momoママ | URL | 2009年10月24日(Sat)22:57 [EDIT]


私は、公表するつもりです。

子どもの障害の程度はもちろんですが、その時住んでる地域や、通う園にもよるかもしれないですね!

うちの子は来年度公立の保育園に入園します。障害児保育に力を入れていて、集団行動が出来ない時や、パニックを起こした時の為に、落ち着く為に一室用意してあるような園で、今の療育教室を卒業した子もいっぱいいるので、障害を伝えることに抵抗はないです。
ちなみに、同和教育の一環で建てられた園なので、同和地区と言われる所に通うことになります。ジジババ世代は、若干気になるみたいです。偏見があるのって、発達障害だけじゃないですよね…

発達障害と親が知らず、厳しくしつけされたり、園や学校などの集団の施設で、疎外感を感じ続けたような人が、犯罪を起こす率は確かに高いらしいですね。少年院の精神科医の先生が、講演会でそう話されてました。

私は公表するつもりだからといって、障害を隠しているのが卑怯と思ってはいません。

ダラダラ書いてしまって、すみません。

かなvv | URL | 2009年10月25日(Sun)21:36 [EDIT]


たっとぱぱさん

こちらこそ、毎度お久しぶりになっていて、すみません(汗

> それは、症状の度合いにもよると思います。
本当にそうですよね。
本人が困っていて、尚且つカミングアウトすることで、それが軽減出来るなら・・・と、
考えていますが、本人にも「○○だから出来ない」と伝える事が果たして、最良なのかどうか。
千差万別だからこそ、本人の自己認識もまた、私達とは違った認識の仕方もあるのかな、と。
 
> (○○ちゃん、ここから飛び降りてもいいかな?)
そんな風に決して思って欲しくないからこそ、の療育であり、親の学びでもあり・・・、
ですので、一定の理解能力を見極めて、”出来ない”に対抗した”出来る” 確立したい。

>ママさんより、もっと私のほうが卑怯で、親ばかかもしれません!
どの親も同じです。たっとぱぱさんが、私と同じ、卑怯者?で良かったです(笑

ママ | URL | 2009年10月26日(Mon)09:23 [EDIT]


桃さん

そう、今を生き易く、ストレスを溜めないように整えて・・・って場面は、その周囲の力によるものが
大きいですよね (親や療育者によって
だけど、現実には、社会に出るため、適応能力を養うために、「今」があるのでは?と、
考えると、診断名だとか、カミングアウトってのは、重要ではない気がして・・・。
 
モチロン、親が子どもをサポートする上では、診断であったり療育への通所であったり、
といった行動はとても大切やと思うねん。
でも、
> 結局、「生き抜く」ために今してやれることは何かということですよね。
問題が山積みになってる毎日をいかに快適に過ごせるか”考える力”や”工夫する力”
それらが育たないと、カミングアウトしたとしても、本人の自尊感情まで引き出せないと思う。
支援を受けつつ、何かを達成したとしても高機能であるが故に、
「なぜ僕だけ、誰かに○○してもらうの?」といった疑問も当然、出てくるワケで。
そこで、こうした場合とこうやった時、どちらが良く分かる?からのカミングアウトでも、
遅くないと思うし、身の置き場所を探してやるんじゃなく、自分で落としドコロを知るって感じで。
 
>子どもを託してあるからと自己満足しているお母さんによく出会います。
>もちろん子どもに対してすごく愛情深く熱心な方ばかりです。
 
託すって意味を履き違えておられる親御さん、私の周囲にもおられます。
プロに任せておけば安心!みたいな感覚と、プロなら分ってやれるでしょう!って感じ。
確かにとても、お子さんを大切には思っておられるのだけど、療育って”治療育児”ですよね。
だけど、育児=はぐくむって箇所が抜け落ちてる。
とても可愛い、だけど関わりは難しいから、専門家に任せる、それが安心って形。
 
人に任せといて安心って、そりゃ違うんちゃう?気にならへんの?と思いますが、
それがその人の価値感で、お子さんもそういった育ちに順応してます。
だからこそ、様々な個性を持った社会になるんやろな、とも思いますし。
傍でみてる分、なんだか寂しい気持ちもしますけど・・・ね。

ママ | URL | 2009年10月26日(Mon)09:43 [EDIT]


黒猫の憂鬱さん

> こんばんは。はじめまして。
 
こちらこそ、はじめまして。
ご訪問とコメントをありがとうございます。
 
> うちは、カミングアウトしてません。
> 学校にも。
> 将来的に考えると損だな、という私の勝手な判断です。
> 病院も途中で行くのをやめたし、療育は行かせてません。欲しい情報はネットで得られるし、療育は家でやればいいや、と。これまた私が勝手に決めました。私はどうしても、国やら支援教育やらが信じられなかった。頼れる世間だとは思えなかったんです。
 
そうですか~。
私は、それはそれで良いのでは?と思いますよ。
お子さんの事を最後まで責任持って育てるのは、やはり親御さんですし。
その親の判断として「信用出来ない」といった感覚での決定という事やし。
実は私も、あまり信用していませんし。 (苦笑
 
将来的に損をするって考え方、良く分かります。
今の日本で、発達障害だったら良かったなんて、そういった風潮ありませんもん。
風潮というか、発達障害だから優遇される(天才児学校に特別入学 とかね!
んな、機関も施設も思想もないのに、「困っています、助けて」の旗だけを掲げて、
どーすんだ?と。
 
困ってるのが現実なら、なぜ困ってるか?ですやん?
障害があるから・・・、と人は言うだろうけど、ちゃうねん、基本そこちゃうねん、て。
障害があろうとなかろうと、「困らない器」がないねんもん、て。
それを知っているのに、理解を求めて・・・って。
そんなんしてる間に、息子は成長すんねんで?ってね。
 
無論、後続の息子に続く子供達の事も考える時もあります、だけど、
それを言い出すと、ほな、発達障害の親を持つ子ども達は?って・・・。
現実、キリがない・・・。確かに困る箇所、苦手分野と言い方は、多々あるけど、
そこそこオールマイティーで居なきゃならないって時期は、人生の半分もない。
(学校に通う間 そんなら、その間、カミングアウトによって支援されてても、
それ以降は・・・? と思って。それ以降の方が、育ててる、先に逝く私達には、
重要で、遺される子どもにも、重要ちゃうかな、と。
 
・・・いつか、カミングアウトするかもしれへんな、とは思っています。
でも、それは子どもの困り感次第だ、とも思ってますし、カミングアウトする事が、
絶対正しい道だとも、今は思ってません。

> でも、どうしてだろう。
> 自分の目で子供を見て、自分のやり方を信じる事が、どうして卑怯なのか。自分の考えを公表する事に、どうしてこんなに罪悪を感じてしまうのか。
> どうしてでしょうね。
 
そうですね~、カミングアウトされる方は、まず第一に”周囲に対して正直”である、と。
正直に申告し、療育にしても支援にしても正当に受ける権利がある、と。
けれど、カミングアウトしないって選択は。
自身に対し”正直”な行動が周囲に対して”虚偽”である、と。
だから、やましい感を拭えないまま、相当の権利を主張して良いのだろうか・・・て。
 
> 卑怯ではないですよね。普通に考えて。
> 不自然な世の中に、そう思わされてしまうのかもしれませんね。
 
はい、卑怯ではないと思ってます。(笑
いや、卑怯かなーと思う時もあるねんで?だけど、やっぱ。
人として、よりも、「この息子の親として」を優先した結果、やから。
 
色々、ホンマ不自然な世の中やけど、見失わないよう・・・。
これからも一緒に頑張りましょうね~~。

ママ | URL | 2009年10月26日(Mon)10:10 [EDIT]


momoママさん


> 私個人の意見ですが。就学前は特に問題が無い限りは言う必要性がないのではないかな??と思ってます。(園の先生には言いますが・・・)
 
そやねー。
問題行動がある場合、言ったほうが、子どもの理由になりますやん?
せやけど、やっぱ状況やね、一番は。
 
で、多面的なバランスを考えつつ、ですよね。
やっぱり、子どもをしっかり見るってのが大事って事ですよね~。

ママ | URL | 2009年10月26日(Mon)10:21 [EDIT]


かなvvさん

> 子どもの障害の程度はもちろんですが、その時住んでる地域や、通う園にもよるかもしれないですね!

そう、本当に環境って大きいと思います。
同じ公立でも指定園に(たまたま近くの園が指定だった って方は、事細かく
特性について、担任の先生とお話されてますよ~。
私は療育施設の様子を、一度見学に来てくださいって話をしましたけど、
それは、園に遅刻しながら通所させているので、どういった事を(療育先での内容
してから息子が通園してくるのか、ご自身で見て下さいって意味で。
特に、診断名がああでこうで~、特性がこうで~、といった話はしていません。
 
また、そういった地域に根ざして育てられるというのは、とても有り難いし、
大切な事でもあると思います。
記事にある「○○君は、そういう言い方はあかんねん」が通じる生活って事ですやん?
そういった関わりも、子どもの生活の中で、重要だと思いますよ。

> ちなみに、同和教育の一環で建てられた園なので、同和地区と言われる所に通うことになります。ジジババ世代は、若干気になるみたいです。偏見があるのって、発達障害だけじゃないですよね…
 
そう、人ってのは、人と同じだと安心するから・・・(苦笑
そういった偏見も難しいと思いますが、ジジババ世代の方に、子どもの障害を理解してもらえて
支援してもらえるって環境だけでも、ありがたい、と思いますよ~。
 
> 発達障害と親が知らず、厳しくしつけされたり、園や学校などの集団の施設で、疎外感を感じ続けたような人が、犯罪を起こす率は確かに高いらしいですね。少年院の精神科医の先生が、講演会でそう話されてました。
 
そう!やっぱり、育て方やねんなーと思うねん。
知らない事は悪い事だけではないけど、それによって起こる問題が多いのであれば、
導く側の親に対して、啓発が必要になりますやん?
それを、なんで健診の時に、せぇへんのかな、と思ってしまって。
周囲に言う事と、親に言う事とは全く内容が違うやんか・・・、なんだか、
発達障害ってかなりメジャーな言葉になってるワリには、その単語だけが
一人歩きをしているような感が否めません。
 
> 私は公表するつもりだからといって、障害を隠しているのが卑怯と思ってはいません。
 
ありがとう。
たまにね、やっぱ、卑怯やねんやろか・・・、って考えてしまう。
カミングアウトする事で、こんなイイコト、あんなイイコトって書いてある、
よそ様のブログ見てると思うねん、そんで、息子にとって一番は何が良いんやろ、って。
けど、受容って全部を受け容れるねんなー、と思うと。
カミングアウトするだけが、受け容れて育てるってのでもないか、って思い直して・・・。
 
色々、全てをなんやかんや試行錯誤しながら、やなー。
ボチボチ行きます、頑張ります~。

ママ | URL | 2009年10月26日(Mon)10:37 [EDIT]


>>ママさん

丁寧なお返事ありがとうございます!

そうですね…どんなに頑張っても、息子より長くはいられないですもんね!

今はまだ助けを求めつつ、障害名や特性を免罪符にだけはしないよう、気をつけようと思います。

大事なことを、改めて考えられて良かったです。ありがとうございました(^-^)

かなvv | URL | 2009年10月26日(Mon)19:29 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009年10月27日(Tue)20:21 [EDIT]


かなvvさん

いいえ、こちらこそ!
 
そうですね。
自分への、社会への、そして、子ども本人にも「免罪符」なんて使う生き方して欲しくないし、してしまうとそれはすでに「悪い意味での開き直り」やと思ってます。 頑張りましょうね~。

ママ | URL | 2009年10月28日(Wed)21:55 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。