愛ダケじゃ、育たない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニケーション性、社会性が弱くても情緒で伸びる

それって、データの蓄積かもしれへん。
 
けど、この感じ。
不安を知っているなら、情緒は伸ばせる、と思う。

息子が、三歳の頃。
映画版の「のび太とのび太の恐竜」ってDVDを観せた時。
のび太と恐竜、ぴーすけが別れるシーンで、息子は。
顔を真っ赤にして、泣きながら怒った。
当時、多分・・・と思ってた矢先の「診断名付きたてホヤホヤ」状態だった私は。
 
これって、自分が思ってた通りのストーリーじゃないから、パニック?
と思う気持ちと、
「別れのシーンが嫌って気持ちが育ってる」のフタツを感じて。
後者に賭けた。
活字にすると、どちらも同じやん、と思われるだろうけれど、前者は
「思ってた話の流れ」に対しての反応であって、後者は、自分の心に対する反応だと思えた。
 
読者の方に勧められた、
「イケイケパニッカー:高阪正枝 著」と合わせて、
「我が家は自閉率40%:星空 千手 著」 他諸々を図書館で借りて。
その中で、
ママが病気になった時、妹の方(定型発達 は
 「ママ~、早く元気になってね、私、寂しいな~」 って気持ちの表れの言葉と、
アスペ君本人の気持ち
 「ママ病気なの~?それじゃ、オヤツは~?」 って気持ちの表れの違い、といったくだりで。
あああああ・・・、その違い、めっちゃ分かる・・・、とため息をついた。
 
それらは、自己を確立しつつある思春期以前あたりから、違いがより顕著に出てくると思う。
特性に上塗りされた、個性として。
 
「誰かが、こう言ってる、俺はこう思うから、言わなきゃ」と、
「誰かが、こう言ってる、俺はこう思うケド、言わないでおこう」 の二択。
  
私は、現時点では、後者を息子に教えたい。
なぜなら、今は周りを模倣 (または観察 して伸びる時期だと思うから。
けれど、犯罪に巻き込まれたり、意思が伝えられないといった、デメリットも、
後者には当然、あるわけで・・・。
 
環境やハプニングに対して、ある程度の適応能力が身に付いた、と思えたら、
やはり、
「俺はこう思うから、言わなきゃ」にスライドさせていきたい、と思っている。
一方だけを伸ばしても、それは社会で通用しない。
 
それらは、こちらの働きかけが無くても、通常なら伸びる発達で、
その為の反抗期であり、(親離れ・自立  
その為の、幼少期からの集団生活だが、
「誰かが、言ってる」事に対して、「なぜ、こう言ってるのか」が想像しにくい傾向を
早くも見せている息子に、「気持ちを察する」行程を教えたい。
 
スーパーでたくさん買い物をして、重い自転車を押している私を。
「よし、いいこと考えた!」と決まり文句を言って、荷台の後ろを押し始める息子。
最初は「ママ、買い物ようさんしてるやろ?自転車重いねん、押して?」
と指示入れから始まった儀式だけど、今は、自主的に押し始める
 
これは、ワザと息子に重い荷物を持たせる事から始め、(リンゴ7~8個程度
「重い~~、コレ、重いね~~」 と言いながら歩く彼を、私が手伝う所から始めた。
(もちろん、重い・軽いは台所で教えた 
 
重いと言いつつも、「ママ、手伝って」の一言がなかなか出ない息子に、
「重い? ママ、お手伝いしよか?」から始めて、リンゴを一個、袋から出す。
まだ十分重いハズだが、息子はまだ、「重いから、まだ出して」とは言わない。
 
「重いー、重いね~、ママ~」 としか言わない。
そこで、重いの言葉が出るたびに、一個、一個と出す。
最終的に2~3個になった時点で息子は、「大丈夫」と言った。
以来、少し重めの荷物を持たせ、
「ママ、手伝って~~」 の言葉が出るよう、導いた。
 
スーパーで息子に大きな袋を持たせている私を、ぎょっとした顔で、
マジマジと見つめられた事もあった。
直球で「こんなん重くて、持たれへんやろ?」 と、私に言った人もいる。
だけど、止めなかった。
 
今は、幼児で。
「重いね~、ママ~」と言えば、リンゴを出してもらう事も可能だけど。
「重いね~、ママ~」 は状況報告であって、SOSじゃない
大人になれば、「重!」と言うだけで事が足りるであろうけども、
「重い!」と言われた側になったとき、「あ、手伝うよ」と言える人になって欲しい
 
それこそが、社会性だと思うから。
「今、言わないでおこう」も社会性、「今、言う時だ」も社会性。
この二面性あるコミュニケーションを、今から教えたい。
 
「重かったら、イヤやな」から「重かったら、手伝って欲しい」を。
「手伝ってもらえたら、良かった」から 「ボクが、手伝ってあげる」へ。
体験を伴って、相手を思いやる心を育てたい。
そして、男の子やから最終的には。
マニュアルとしてだけではなく、重いものは「力のある男の子が持つ」んだ、と。
息子を育てている母親として、そこまで目論んでいる。
  
花がキレイで、いい匂いで、自分が大好きなママが大好きな花だからこそ。
一緒に植えて、一緒に水やりをした花だからこそ、大切にする気持ちが育つ。
何かを大切にしたいと思う気持ちは、過程の中で情緒として育つ。
 
「ママが好き」 無条件で伝えてくれる「今」だからこそ、
ママが困ってる事を知り、助ける事が出来る自分を、自尊感情としても。
いつまでも、息子の中に残したい。
 
 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ いつも応援ありがとうございます。
 

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

すごいな~

ママさんの息子ちゃんへの対応というか、育て方が感心させられます。日常生活でそこまで療育を意識するのって難しいですよ。
気は優しくて力持ち♪いいですね~ めざせモテル男!

私なんて今、「言葉をどうやって教えるか」で苦戦中なんですが、結局いつもどう言ったら分かってくれるの??って感じになって、お手上げです。
Yes/Noってどう伝えたら分かるんでしょうねぇ。。。
首振りですらしてくれないので、それを理解させるのも難しい。
台詞覚えられるんだったら、母の言うこと覚えてよぉ~!って感じです^^;

そうなんですよ、子供の父親を大好きな時もあって・・そういう時があったからこそ息子がいるわけで。絶対に許せないこともあるけれど・・・

息子のおかげで、楽しい日々を(悩まされることもあるけど)過ごさせていただいております(笑)

tele | URL | 2009年03月04日(Wed)17:07 [EDIT]


teleさん

こんばんは。
 
言葉って、今、色々と書籍を読んでるのですが、やっぱり難しいですね~~。
 
表出する=使える ワケではなく、かといって、
「表出しない=分からない」でもないワケで。
 
こちらの言ってる意味が通じてるって場面を探して、そこからナントカ手繰れませんか??
勿論、言葉が「何の為にあるか」分かって無い場合もあるので、それなら「何をするタメの道具か」を教える所から、ですよね~~。
 
って、活字で書けば何行かですが、親は日々修行なワケで・・・。息子はやはり言葉が少し遅く、2歳で一応、単語、3歳で二語分はクリアしてましたが、使い方が、全くあかんくて・・・。
 
今日も、
「ママ、抱っこさせて?」(ママ、抱っこしての意味
って、笑顔で、ホント無邪気な笑顔で言うんですよね。
ちなみに息子は先月4歳になったのですが、なかなか、私以外には言葉を使っても、通じない・・・。
 
2歳半で焦ってカードを使っていた時期もありますが、そしたら、今まで出ていた言葉自体が、徐々に減ってしまって・・・。
 
療育の方法も子供によってそれぞれだな、と実感しカードをスッパリやめて・・・。
 
例えば、Yes/Noではないけど、「ちょうだい」ってサインがあるなら(ジェスチャーでも出来ているなら 言葉を言えばあげる、とかね、ご褒美形式とかどうでしょう?手を引っ張ってリンゴの前まで連れて行くなら、
「り・ん・ご」って、一語ずつ、鼻先を指でちょんちょんして、「名前」がある事を教える、とか。
 
以前、本で読んだんですが、何かそういった事をされてた方がおられましたよ。
こちら側がある程度見えているお子さんなら可能性があると思うんだけどな~~。
 
息子は、2歳の頃って言葉(単語より 「キーーー!」っての方が圧倒的に多かったですから(笑 キー!ってのも、息子にとっては言葉ですやん?
言葉って「伝えたい気持ち」ですやん?なんか必死で、キー!の意味を、伝えたい何かを探そうとやってたのを思い出します。
 
あ、イエス、ノーってね、私、水で教えたような?
ほんでね、常に選択肢を用意して聞くようにしてた頃もあったかな・・・、「どっち?」ではなく「りんご?バナナ?」って。そこから、イエス、ノーだったような。
 
うーん、私なんて素人の言う事ですから、当てにも出来ませんけど、何か力になれたら・・・と思っています。
ホントにねえ、台詞覚えられるんなら、チャッチャと言わんかい!ってね、思います(笑
 
頑張りましょうね、そう、毎日が日常こそが、助けを必要としてる息子達への「助けられる日々」やから。

ママ | URL | 2009年03月14日(Sat)00:41 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。