愛ダケじゃ、育たない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高機能児の育てにくさと知的労働

高機能ってのは、知的に問題を抱えているかどうか。
 
息子は「高機能自閉症」
けれど、それは年齢を考慮し (診断年齢 2歳8ヶ月 暫定的な診断名。
これから、どんどん診断名は変わるだろう。
 
高機能なら言葉があって、ヨカッタね。
知能的に問題ないなら、悲観しなくていいやん、なんて。
少しの嫉妬や妬みを含んでいるのかもしれない、言葉が。
今でも時折、息子の未来を思案する心に小さな波を連れてくる。

 
高機能って診断は、各医師によっての違いもあろう。
語彙の豊富さ、使い方、自閉傾向、パニックの頻度、それから。
生活を送る上での諸々の不便さ・・・。
 
連続体というだけあって、息子は。
思いっきり自閉的! と思わず腕組みさせられる場面と。
逆に、え?ちゃんと通じてるよ、オイ!って定型場面。
それから、あ~、知的に高いって、こういう事か・・・苦い顔をさせられるヒトコマ。
 
いくつもの息子の顔を、多面体である息子の側面を全て、知っているようで。
私は、なんだか嬉しいのだけども、実生活ではこちらも、また労力を必要とされる。
息子は多動傾向がある様子で、確かに体力も要するけれど、
ええ、ええ、動物園なんか行ったら、ずーっと、園内を走って走って走ってます (泣
それは脱走だとか徘徊だとか、深夜に起きて遊び出す、といった肉体的苦痛ではなく、
(もちろん、それらには精神的苦痛も伴う、のは理解している上で
なんというか・・・ぶっちゃけ、私が知的にしんどい
 
年齢的な発達段階もあって、現在は「どうして」がとても多いのだけど、その中でも。
理論的な説明を求める、んで、それに納得(理解 出来なければ、いつまでーも、同じ事を。
同じ箇所で躓いて、こちらに説明を求めてくる。
 
運転をしていようが、揚げ物をしていようが、映画を観てようが。
全く、こちらの所作には、お構いナシ。
 
「清掃車はどうして、ココに居るんだろう」 
(話し掛けたといった言葉ではなく、独り言っぽいが、決してそうではない
 独り言だと思い、無視をしてると、また同じ口調、同じフレーズが背後から襲う
「・・・清掃車はどうして、ココに居るんだろう」  
「え?今日はゴミの日やん?」
「そうじゃなくて、息子ちゃんチのトコにも居たやん!」
「あ~あ~、清掃車は何台もいてるねんよ」
「清掃車はどうして、ココに居るんだろう」
「はぃ?」 (問いの意味が分かってない母親
「そうじゃなくて!息子ちゃんチのトコにも居たやん!!」 (声が大きくなる
「だから~、清掃車はいーっぱい、居てて、それが今日、町の中を
 いーっぱい走って、皆のゴミを集めるねん!」
「いーっぱい?  ・・・そうなん?」
「そう!」
「ジュウとか?」
「え?」
「ジュウと、ジュウと、いーっぱい?」
「そうそう、もう、めーっちゃ、イッパイやねん!」 (ここで終わらせようと必死
 
なんて、話をしてる間に、清掃車は遥か遠くに・・・
「息子ちゃん、ゴミポイポイしてるの、見たかったに・・・ (半べそ」
「泣かんでええやんか? また次のが来るから!そしたら車止めて見よ!」
「うん・・・、でも、あの清掃車がヨカッタに・・・」
「はぃ?」
「青の・・・」
「あーあーあー、全部、ぜーんっぶ、ここら走ってんの、青色やから!だいじょうーぶ」
「ちゃうねん、さっきの青がヨカッタねん」
「?」
「息子ちゃんチの青・・・」
「一緒やで?全部、一緒やで?同じ青やんか? 同じ制服の人で?」
「ちゃうねん・・・ちゃうねん・・・上の色がちゃうねん・・・」
  
そして、上の(屋根 違う色の清掃車が存在するのは、どうしてか? と私に聞く・・・
屋根の一部分が日焼けし、色が違ったように見える清掃車も、そりゃ居てるわな~~。
特に清掃車にこだわりがある訳ではなく、
息子に理解出来ない事があるのが、イヤ、といった一種の「こだわり」で、
息子なりの秩序を見出したい為だと思う。
その秩序が、息子の安定に繋がっているのは確かだと確信はある、が。
  
現実の世の中には、答えのない問いの方が遥かに多い
 
 
3歳始めから、単語を繋ぎ合わせ、なんとか意思の疎通が可能になったかな~と、
安心しつつも、語彙を増やしていかなあかん、とアレコレ教えつつも、
この一年間、ずーっと、私に求めるのは、「納得のいく説明」だ。
 
空ってどうして青いの? なんて情緒的な問いは、これからだとしても。
線路はなぜ、二本か? と聞かれても、私には
「え?電車は、車輪が二列だからちゃう?」 としか答えられない。
当然、
「どうして、二列?」 と聞かれても、
どうして四列の車輪じゃあかんのか、説明なんか出来るか! 
 
同じく
「骨はどうして動くか」 (図書館で、ほね の本を見た
「宇宙はどのくらい飛べばいけるか」 
「いいウンチ (バナナの形のウンチ でも臭いのはどうしてか」 
「ママの車にパパが勝手に乗って会社に行くのは、どうしてか」
 
息子は先月4歳になったばかり。
毎日私に、今以上に脳みそのシワを増やせ、と言います。
 
特に四番目。
燃費の話をしても、分からないだろうから。
「いいねん、ママもパパの車に勝手に乗るやん?だから、一緒やん?」
と教えたところ。
 
「パパは、ママと息子ちゃんの車を買うって言うた!
 やからパパは乗ったらあかん!!」 と激怒=パニック  (朝イチ8時半
  
息子には息子なりの思惑がある。
きっと、「ママと息子ちゃんの車や!やったー」 と思っていたのだろう。
それを表情や言葉に出さないとしても・・・。
けれど、ウチの財布はリッター2~3キロなんて可愛げない車での通勤は許さへん。
私の軽で通勤はアタリマエ・・・、それをどう説明すればいいんやろ。
 
パトロール中のパトカーを見るたびに、
「悪い人、見つけてるねんな!」 と少し怯えた顔をする息子に。
「大丈夫、息子は今、ママと一緒やろ、悪い人が来てもママがやっつけたる!」
って、言う以外に、なんて答えれてやれば息子は安心するんやろ。
 
「おまわりさんは、悪い人から助けてくれる人やで」
「お外で一人で怖い時、あのマーク (金色の旭章 のトコ行ったら助けてくれる」 と。
教えもしたし、悪い事してたら、連れて行かれる、とも教えた。
だけど、息子はパトカーを見るたび、巡回中の警察官を見かける度に、怯える。
悪い人が近くにいると思うからだろうが、その不安を取り除く絶対の答えはない。
 
「そういう事もあんねん」 「そういうモンやねん」 って、曖昧な大人の現実事情を。
どうすれば息子に伝わるのか、経験でなければやはり無理なのだろうか。
 
小さな秩序の多い世界だからこそ安心し、
その世界だからこそ、また不安を覚える息子。
大きな安心の海の中で、小さな危険の波を感じさせながら。
育てようとは思っているが、どうやらそれには。
私の脳みその「シワ」が、思いっきり関係してると思われる。
 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
脳みそのシワは増えず、眉間のシワが増えるばかりです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

またまたお久しぶりです

うちのタロスはアスペだからなのかなんなのか分からないのですが(無知ですみません)、自閉症っぽいところがほとんど目に見えてないものですから、更に周りから色々言われます。
私の父は「心配しすぎ。」とか言ってて。
そのうち記事にもしようかと思っているのですが、その言葉が今私にとって一番辛い部分です。

うちの子もこのなぜなぜ攻撃はありました。
というか今も続いております、はい。
そうなんですよね、適当にあいまいに~が通用しないので深く突っ込まれるとほとほと困ってしまいます。
おまけに短気なもんで・・・(汗)
説明の途中で面倒になって
「ああ~もう、わかんないんだってば、ママだって!」
と叫ぶことがしばしば・・・。(猛省)
そうなるともうそれ以上は聞いてはいけないと思うのか、
「そっか、わかんないんだね。」
とかつぶやく息子。
あれ?それで理解しちゃった?ラッキ~と思うのは間違いなのかな・・・どうなのかな・・・と悶々としつつそっと話題を変えてみたりしています。
でもしばらくすると全く同じ事を聞いて来る・・・ああ~っとなる訳です。
本当に難しい・・・でもこういうのも経験になるのかなぁとか思って自分を納得させてます。(汗)

にゃりんた | URL | 2009年03月19日(Thu)22:28 [EDIT]


まさにそのとおり

うちの息子は知的にボーダーなので、そう複雑な質問とかはしてこないのですが・・・同じことを何度も何度も聞かれ、その都度「そうだね、●●だね」と息子の言葉を反復して肯定してやらないと怒り出します・・・。
ゴミ収集車の件、本当によくわかります。
バスに乗り遅れた時、「次のバスも同じやんか」と言っても、「いやだー、さっきのバスに乗りたかった!」と泣き叫び。
日本語の言い回しについても、「大活躍」ってどういうこと?とか聞かれると思わず「この子にわかるようになんて説明すれば・・・」と考え込み・・・。
本当に一緒にいると気が抜けません。
がんばれ、ママさんと私の脳みそ!
こうして今から鍛えておけば老後も安心な筈(笑)?

なかさん☆ | URL | 2009年03月20日(Fri)12:25 [EDIT]


シワシワ!!

んなこと説明できるか!!

または

んなことなんで聞く!?

ってな質問ばっかりですね~うちも(涙)

お皿に残した卵を食べちゃいなさい。と声をかけたら、思いっきり可愛く小首をかしげて
「じゃあ、(卵が)ない時は?」

これが一回なら、笑って済ませられますが、万事、ない時のことを聞かれたら、いくら可愛く聞かれたって、苦々しい顔で無視するしかないでしょ(爆)

本当に、ママさんじゃないですが、眉間が、心が、シワッシワになってきてる気がします…
脳みそはツルツルのままなのにぃ…

桃 | URL | 2009年03月20日(Fri)18:10 [EDIT]


初めまして。

初めまして、広汎性発達障害の傾向がある、と言われた、3歳4ヶ月の男の子がいます。

うちの子は、これはどこで買ったものか、誰に貰ったものか、誰がどこで買ってくれたのか、この道を曲がればどこへ行くのか、今日どこへ行ってきたのか(パパ、おばあちゃん、毎日一緒にいる私にも聞きます)そんな質問が多いです。
しかも答えが決まっていることが多く、期待通りの答えを返さないと、言い直させられます。

お決まりのやり取りもたくさんあります。

「ママ?はしご車見たなぁ。」
で、私が「はしご車見たなぁ。」と繰り返さないと、「はしご車見たなぁ。」と言い続けます(><;)
その「はしご車」が消防車だったり救急車だったりの違いはあれど、イントネーションまで同じように返さないとダメです。

トミカを倒して置いて、「ママ?ゆうとのはしご車こけてる」ときたら、→「ゆうとのはしご車こけてる。起こしたげて」

机の端ギリギリにトミカを置いて、「落ちんで、落ちんで!」→わざと落として、「落~ち~た~」→「はしご車エンエン(泣)言うとーる」

普段の会話にしても、相槌が「そうやなあ。」ではダメなんです。「そうやなあ、○○やなあ。」と、常に繰り返さないといけない。

「賢いやん、大丈夫やん!」と言われるけど、この辛さは、毎日関わっている人間にしか分からないですね。息子は可愛いけど、それとこれとは別な感じです。

長々とすみませんでした。

かなvv | URL | 2009年03月22日(Sun)02:26 [EDIT]


我が家の高機能の息子も4才…分かる分かる~と思いながら読みました。
燃費の話は、うちはご飯に置き換えていますよ。
電車は電気を食べる。車はガソリンを食べる。
パパの車は一杯ご飯食べたいの、ママの車はご飯少しで満腹なんだ。ママの車のが安上がりだからママの車を使うんだよ~…で、納得してくれないですかね。^^;。
でも、上記会話は毎日繰り返されますけどね…ウチモデス。

たらこ | URL | 2009年03月22日(Sun)10:18 [EDIT]


にゃりんたさん

確かにそうですね~。
周囲からの理解が得られないってシンドイですよね。
 
子供の特性を分かって欲しい!ってのもあるし、
私のシンドさも分かって!って。(まさに私も同じ
そして、それらが得られて始めて協力が求められる、って思いもあって・・・。
 
ウチは「ママも分からないから図書館で調べよう」作戦で、乗り切り中ですが、分かるまで必死といった様子ではなく、図書館に行くと「目先の違う絵柄のにある興味本」に懸命になって、忘れたかな?と安堵してると。
 
また似たような場面で「どうしてだろう」です(汗
「え?調べに行ったやん?アンタ、ママをほっといて、他の本見てたやん?」と突っ込んでも納得せず。
 
ホントにね~、字が読めて理解出来るようになれば、
メモに調べる事を書いて実行!って形も取れるのだろうけど、それまでは、図書館に行く道のりで「調べる事」を復唱しつつ連れて行きますよ、二度手間を省くために(笑
 
また、「理解してもらえない思い」の記事を楽しみにしてますね!
シワを増やしつつ頑張りましょう~~。

ママ | URL | 2009年03月24日(Tue)13:09 [EDIT]


なかさん☆

そうですよね!
反復&肯定な日々ですよね~!
 
大活躍か~、分かります。
「何?」と聞かれても子供のレベルに合った答えの難しいこと!
 
ウチは「援護」でした・・・。
「援護って何?」と言われて「助ける事よ」と答えたのもはいいとしても。
買い物をしてる時にも「ママ、息子ちゃん、援護してるから!」と、リンゴを二つ持って来た時には(汗
 
場面と言葉のマッチングも難しいのかな、と思いつつ。
援護する場面ってどこで教えれば?なんて、パパと怪獣ごっこしてる時に
「ママトラマン、参上! 息子ちゃん、援護してやるぞ~!」なんてね、シワも必要だけど体力も必要ですわ(笑

 
なかさん☆の脳みそ&体力も頑張れ~~~!(笑

ママ | URL | 2009年03月24日(Tue)13:14 [EDIT]


桃さん

そう!そやねん!
「ないときは?」って・・・。
万一を考えず、今、目の前の皿に集中して?と。
思わず言いたくなりますよね~!
 
ウチは、万一を言う時
「今、ないの?」と聞き返してから、
「ある」と言えば「ほな、食べて?」って。
でも、なかったら・・・っては想像の部分でもあるワケで、どこからどこまでってボーダーが難しいですよね。
 
桃さんの脳みそも、ホント頑張って~~~~!です。(笑

ママ | URL | 2009年03月24日(Tue)13:17 [EDIT]


かなvvさん

初めまして。
ご訪問とコメントをありがとうございます。
 
ゆうと君、とおっしゃる息子さんですね。
言い直させる、または同じ繰り返しを望むのは、反応遊び、設定遊びっぽいですが、行動はどうでしょう??
 
ウチもしりとりで同じ言葉のみ、を繰り返し楽しんでいた時期がありました(今も少し名残が・・・
 
「るびぃ、びすけっと、とけい、いるか、かえる、るびぃ」といった流れなのですが、相手が「とけい」の部分で「ともだち」等と言おうものなら、泣いて抗議!
ですが、「ママ、とけいよりともだちが好き!」と言い切って、息子が泣こうが喚こうが「ママの好き」を貫きつつ、現在では「ママの順番やからママの好きなのでいい」と納得してます。
 
コミュニケーションを取ろうにも、自分のこだわりを貫くのでは、コミュニケーションとは言い難いですよね~、毎日のご苦労とご心痛をお察しします。
 
言葉が出ているからコミュニケーションが取れてると、思われがちですが、実際は「出ているから辛い場面」も多々ありますもん。
そして、可愛くてとても大事だからこそ、辛い時も。
長々とだなんて、多くのコメントをありがとう!
 
よかったら、また遊びに来て下さいね~。

 

ママ | URL | 2009年03月24日(Tue)14:47 [EDIT]


たらこさん

初めまして。
ご訪問とコメントをありがとうございます。
 
そうか、ゴハンに置き変える、か。
いいアイデアですね!
 
早速、息子に話してみます!!
この置き換えがなかなかこちら側の切り替えを試される時なのだと思うのですが、「とっさに」でない。
 
そう、これも脳のシワが思いっきり関係してるのでしょうが、年齢的な物も(トホホ
 
それでも出るけど、一応の納得があればイケるかもしれません!ありがとう!
 
またよかったら、遊びに来て下さいね~。

ママ | URL | 2009年03月24日(Tue)14:49 [EDIT]


ママさん

ありがとうございます!
行動は、飛び跳ねるとか壁沿いにグルグル走るとか、並べるとか典型的なことをいろいろやってます。
春から、週3回の療育に通います。10ヶ月の次男がいるのですが、託児を頼みます。

会話が通じるようになれば楽になる、と思ってたけど、大きくなればなったで、いろいろあるんですね!

ブログ、すごく勉強になります!またお邪魔させて下さい。

かなvv | URL | 2009年03月25日(Wed)12:54 [EDIT]


かなvvさん

そうですか~。
週に3回ですか!
 
きっとたくさん伸びますよ!
なんていっても春ですもん。
夏もあれば、秋も冬もあると思います、けれど、また。
その次の春が必ず来ます。
 
楽しみですね、頑張っていきましょうね~!

ママ | URL | 2009年03月31日(Tue)13:54 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。